「 松葉屋について 」 一覧

トヨタ100系ハイエースを一生乗る?

こんにちは。 松葉屋100年家具店主、善五郎です。 松葉屋が作る広葉樹の一枚板テーブル。 樹齢が百数十年以上、二百年に及ぼうかという 希少な大径木です。 百年育った木を、百年...

続きを見る

森へいくツアーVOL.5  下見に行ってきました_2

こんにちは、スタッフの池田です。 下見の様子が1回ではおさまりきらなかったので 続きです。 (下見_1のブログ→https://matubaya-kagu.com/blog/archiv...

続きを見る

森へいくツアーVOL.5 下見に行ってきました_1

こんにちは、スタッフの池田です。 昨日、6月に開催する森へいくツアーの下見に 小谷・大網(おあみ)と大町の林業地へ行ってきました。   今回の森へいくツアーは過去4回とは...

続きを見る

思い出の桜 いつまでもそばに

こんにちは。店主滝澤善五郎です。 今、松葉屋では、お客さまからご相談を頂き、ひとつの座卓をつくっています。   座卓になるのは、一本の桜の木。 この木は、お客さまの庭で、家族...

続きを見る

鹿革の端っこ

こんにちは、スタッフの池田です。 松葉屋では、約2年前から 長野県の山で捕獲された鹿の皮を使い 椅子を作っています。 お客様からのご注文も少しずついただき 一脚一脚 ひとり...

続きを見る

冬の暮らし 糸紡ぎ

こんにちは、スタッフの池田です。 ホームスパン展開催中の松葉屋では 土日になると 十糸(といと)さん※が糸紡ぎや織物を教えてくれるワークショップを 開催しています。 ・・・・・ ...

続きを見る

近くの山の木で家具をつくる

こんばんは、松葉屋スタッフの池田です。 先日、以前からお世話になっている長野森林組合の赤松さんに 声をかけていただいて 信濃町へ木を見に行って来ました。 「近くの山の木...

続きを見る

松葉屋の出開帳とは?東御市に来ています。

こんにちは! 松葉屋家具店の店主、善五郎です。 みなさんは出開帳(でがいちょう)という言葉をきいたことがありますか? あまり聞き慣れない言葉ですよね。 一昨年長野善光寺で開催された「御...

続きを見る

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑