「 アートギャッベ 」 一覧

ギャッベと遊牧民と、卓袱台(ちゃぶ台)のある暮らし

こんにちは 松葉屋家具店主の滝澤善五郎です。   9月も半ばが過ぎたというのに連日30度越えの信州です。 それでも朝晩はずいぶん涼しくなって、虫の声が日に日に 大きくな...

続きを見る

お店って舞台だよね。ギャッベの入れ替え。

松葉屋の「がらんどう」の2階 お店は生き物。 いつも循環して、空気を入れ替えてあたらしい表情を見せたい。 お店は舞台。 いつも場面場面で、時代設定で、ステージに新しい舞台装置を設置する...

続きを見る

インタビュー「ギャッベ 108の暮らし」長野市Kさん(2)

松葉屋のギャッベを大切に使い続けてくださっている長野市のKさん。 後半のインタビューでは、Kさんの息子さんたちが成長して進学のために上京したことで「ひとり時間」を楽しんだり、息子さんたちに会いに家庭...

続きを見る

インタビュー「ギャッベ 108の暮らし」長野市Kさん(1)

結婚、出産、新築住宅へのお引越し。時代は流れて息子さんたちの進学と上京、ご主人と柴犬との穏やかな暮らし...。そんな日々を重ねて、松葉屋の暮らしの道具を大切に使い続けてくださっている長野市のKさん。 ...

続きを見る

ちいさなギャッベを床に敷き詰めてみました

ちいさなギャッベを床に敷き詰めてみました。 すごくたのしい。かわいい。きれい。 杉の床板の大きなキャンバスに見立てて 色ごとに分けたちいさなギャッベを並べていくのは なんて楽しい作業。 ...

続きを見る

海。朝焼けや夕焼けの空を切りとったようなギャッベ

よく晴れた日の午後。 浜辺でコーヒーをのみたくて、ちいさなギャッベをもって出かけました。 きっと夕焼けがきれいだろうと、えらんだのは朝焼けや夕焼けの 空を切りとっ...

続きを見る

染めていない、羊の色そのままのギャッベをあつめました。

一万年前の新石器時代、中央アジアでは、羊が家畜として飼育されていたと 言われます。 現在のイラクの一部にあたるメソポタミア地域で栄えたバビロン王朝時代には、 (紀元前1830年〜1530年)すで...

続きを見る

「ギャッベのある、108の暮らし」 お客さまからのお便り 

お気に入りの暮らし道具・ギャッベ。 実際にお部屋に敷いてイメージ通りだったときの喜びは 購入した人だけのお楽しみではないでしょうか。 今回ご紹介するお客さまからのお便りには そんな心得のような...

続きを見る

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑