松葉屋の古い図面 滑り台

こんにちは、スタッフの池田です。

先日、社長・善五郎さんと

こどもの遊具について話をしていたら

そういえば・・・

昔の図面にこんなのがあった。

と、2011年の松葉屋通信に掲載した図面を見せてくれました。

そこには学校の教室机、理科室の棚、教員椅子・・・
などなど

学校の什器をつくっていたんですね。

その中には

「滑り台」まで!

松葉屋家具店 滑り台 古い図面

なんででしょう。

見ているだけでワクワクします。

昭和初期くらいの図面で
この滑り台が
本当につくられたかどうかは
分からないそうなのですが

家具の枠から一歩出たような
この図面

「相談さえもらえばなんでもつくる」

といつも社長が言っていることが
ずっと昔から続いて来た松葉屋の想いなのかなと
そんなことを感じました。

くらしの道具をつくる松葉屋が考える

こどものための遊び道具は

こどものくらしの道具でもあると

ちょっとこの図面を見て
何かものづくりのヒントをもらえそうな気がしたのでした。

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

松葉屋家具店 配送 一枚板

欅の大きな一枚板お届けしました。  滋賀県長浜市「手打ちそば 掌山さま」

こんにちは、スタッフの池田です。   2月のはじ...

記事を読む

松葉屋家具店 オーダー家具 キッチン収納

オーダーの家具づくり 物の時間の話 

こんにちは、スタッフの池田です。    ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

新着記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑