雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは
松葉屋家具店の滝澤善五郎です。

松葉屋家具店の敷地の北隣にある小さな空き地を森と称して広葉樹を植えてから
はや6年。
33本の広葉樹を植えて、一部は夏の暑さに負けて枯れ、大きくなったものは
お隣の3階の建物を優に追い越したり。何本か植え足したり。

毎朝僕はちいさな森を歩きながらちょっとずつ樹や草の世話をしています。
今朝は小さく可憐な花を見つけました。

 

ミチタネツケバナ(道種漬花)

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はないといいますが、
調べてみると「ミチタネツケバナ(道種漬花)」というちゃんとしたとした
名前がありました。

この植物はヨーロッパ原産で、近年日本の道端などに急速に広がっています。
その姿は控えめで、高さはわずか5~30cm。春の初めから、3月から4月にかけて
小さな白い花を咲かせ、
その繊細な美しさを見せます。

 

ミチタネツケバナの種子は熟すと、種子は紫色の鞘から勢いよくはじけ、
新たらしい旅を始めます。この自然の工夫は、種子が広範囲に拡散し、
植物が生息域を広げるのを助けるわけですが、
逆に庭から駆逐することは不可能に近いってこと。

「雑草という名の草はない」というが、共存って難しい。

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑