まちのなかの おおきな木に会いにいく〜耳塚古墳跡〜

松本市「耳塚古墳跡」の2本のケヤキ

お客様へ家具をお届けするために、あちらこちらへ車を走らせています。
僕はそんな時間がとても好きです。町中だったり、山の中だったり、ふと目にとまる風景は、畑の真ん中にポツリと立つ“ ボロっちくても美しい” 納屋や建物。昔は水路だったのかな?と思うような、曲がりくねった道だ。アスファルトの隙間から地面を自然に還そうとする緑もいい。

このケヤキに出会ったのも偶然で、納品帰りの最中でした。あまりの見事さに後ろを確認して、キッとブレーキを踏んだほどです。

この2本のケヤキは、松本市寿豊丘百瀬「耳塚古墳跡」の南側、県道新茶屋塩尻線と市道が合流する三差路に並んで立っています。それぞれ高さ18メートル、幹回り7メートル以上あるそうで、地元の人が大切に管理しているのだとか。推定800年以上とも云われるケヤキは2本とも根元付近に空洞になっていますが、実際に見ると木が放つ力強さに圧倒されます。

それにしても「耳塚」ってどういう意味なんでしょう。
案内板には、以下のようなことが書かれています。

約1500年前の「安曇族王の墓」。かつては、塚の上部に道祖神の古いお宮である、「幸神社(さちえの神)」があったが、明治末に取り壊された。現存するお宮は、昭和8年に 建てられた「蚕玉様」で、取り壊されてしまった「幸神社」の神殿も安置され、「耳聞様」として信仰されている。

長い年月の流れの中で「耳塚古墳跡のケヤキ」は、この場所からどんな景色を見届けてきたのでしょうか。

——————————
▼データ

住所:長野県松本市寿

推定樹齢:800年以上
樹高:約18メートル
直径:約7メートル以上

2023/09/26 | 善五郎ブログ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

「p a n + c a f e 」と、とある空間の記憶

記憶ある方もいらっしゃるかもしれないですね。 もう30年だったか、 ...

記事を読む

新着記事

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

松葉屋家具店 ちゃぶ台 卓袱台

松葉屋のちゃぶ台(卓袱台)についてお話しします。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 本日は、松葉屋で作...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑