はじめての木工材料はカツラの木

こんにちは、スタッフの池田です。

かつらの木は
葉っぱは丸いハート型

少し薄いので
日が透けて
新緑の今頃は
とてもきれいな木陰をつくっています。

松葉屋家具店 桂

P1240659

そんなカツラの木は
材になるととても素直で
木工向き。

針葉樹ほど柔らかくはなく
山桜ほど硬くない。

いろいろな種類の木の中でも中間の硬さです。

杢目もガサガサしたところがなくて
削っていてもバリッと割れてしまう事もないので
本当に素直だなぁ、と感心してしまいます。

松葉屋家具店 森へいくツアー 木工 カツラ

松葉屋の開催する森へいくツアーの
木工でもカツラの木は大活躍。

硬い山桜や楓でつくるスプーンやバターナイフも
とってもスベスベしていて
美しい物ができるけれど

木工が初めてだったり
あまり力がないこどもたちには
硬くてなかなか刃がたたず
途中で手が痛くなって
挫折してしまう・・・
ということも。

ほどよく刃が入って
思う形がつくり易いカツラの木。
優しい杢目は、出来上がったものもとても暖かい雰囲気になります。

初めて木を切り、削って
ひとつのものをつくり上げる楽しさと達成感を
教えてくれるのが
カツラの木なのかな、と思います。

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋の小さな森 新芽の季節です

こんにちは、スタッフの池田です。   春らしい気候が気持...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑