森へいくツアー3 開催しました!

こんにちは、スタッフの池田です。

3月26日、27日に3回目となる森へいくツアーを開催しました!

今回は雪が残る戸隠の森の中を
自分たちでつくったかんじきを履いて歩く
スノーハイク。

 

今回もガイドをお願いしたラポーザさんのセンターで
まずはかんじきをつくりました。

松葉屋家具店 森へいくツアー
とってもいいお天気で
戸隠山もくっきりと見えました。
松葉屋家具店 森へいくツアー
 
 
そんなすばらしい景色を見ながら
自分のかんじきづくり、はじまりました。
松葉屋家具店 森へいくツアー
松葉屋家具店 森へいくツアー
リョウブという木を土台にして
そこに縄を編んでいきます。
 
竹細工で有名な戸隠では、竹でもかんじきをつくるそうなのですが
材料の採る時期や、強度の関係から
今回はリョウブを使いました。
 
松葉屋家具店 森へいくツアー
曲げて、輪っかに針金で固定します。
 
 
松葉屋家具店 森へいくツアー
縄を編む順番がこんがらがって
なかなか苦戦する方。
ひとり、黙々と編んでいく方。
 
 
時には隣同士引っ張り合って
協力してつくっていきます。
松葉屋家具店 森へいくツアー
とても楽しそうです。
 
 
松葉屋家具店 森へいくツアー
だんだん形になって来て
できあがりました!
片足ができても
「あ!もう片方もつくらないといけないんだ!」
と、
皆せっせと1個目をつくったことを思い出しながら
つくり・・・
1時間半くらいかけて
ようやくできあがりました!
松葉屋家具店 森へいくツアー
 
 
そして、お待ちかねの試し履き。
松葉屋家具店 森へいくツアー
松葉屋家具店 森へいくツアー
履いてみると
「軽い!」と
その軽快な脚さばきにびっくりします。
木と縄ですから
スノーシューよりも軽いのです。
さくさく歩けます。
 
ここで抜けたり取れたりした縄を直して
翌日の本番に備えます。
 
 
その前に・・・
夜の星空観察があるのでした。
その様子はまた次回。

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 森へいくツアー・11月

森へいくツアーVol.08 開催しました! 1日目

こんにちは、スタッフの池田です。 先週の土日に森へいくツアーを開催し...

記事を読む

松葉屋のちいさな図書館 「白棚 shirotana」

こんにちは 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は8月2...

記事を読む

松葉屋家具店 ホームスパン展 糸紡ぎ

冬の暮らし 糸紡ぎ

こんにちは、スタッフの池田です。 ホームスパン展開催中の松葉...

記事を読む

閉店後の松葉屋で‥

こんにちは、スタッフの須坂です。 最近、夜になると と...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑