井戸端改装計画

こんばんは、スタッフの須坂です。

ただ今、井戸端改装中により、
店内、少々騒がしくご不便をおかけしますが、
宜しくお願いいたします。

松葉屋がお伝えしたい大切なこと。
長く使うことの大切さ。

使うことでキズがつき、
角がすり減り丸くなり優しい手触りや表情をだす。

使いやすくなったり、
逆に使いづらくもなったりもして手を加える。
そうしてまた新たな表情をみせる。

木は木らしく、鉄は鉄らしく、
物が生まれて朽ち果てるまでの中で、
そのものが一番美しく感じるとき。

口ではなかなかお伝えしにくいその部分を
表現できる場になればと思います。

今後の井戸端にご期待ください。

井戸端改装計画

2016/04/08 | 未分類

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑