森へいくツアーVol.6 開催しました。1日目

こんにちは、スタッフの池田です。

 

先日、と言ってももう先月の話なのですが

6回目の森へいくツアーを開催しました。

 

 

小谷村大網(おあみ)で「くらして」の前田さん、北村さん2家族に里山の暮らしを体験させていただきます。

今回も宿泊は「大網農山村体験交流施設 つちのいえ」。

大町市の荒山林業さんの林業地で伐倒を見せていただきました。

 

今回も盛りだくさんのツアーの内容をかいつまみながらお伝えします。

 

 

 

小谷村大網地区で昔から作られている栃餅。

栃の実を拾い、殻をむき、灰汁を抜き、蒸して、もち米と一緒につく・・・

という気が遠くなるような工程を経て

やっと口にすることのできる、とっても芳しいお餅。

 

前回はくらしてさんで事前に作っていたものを

七輪で焼いて食べました。

 

 

今回はその栃餅を食べるだけではなくて

作る工程の一部をお手伝いさせていただこう!

ということになり

「栃の実の殻剥き」を体験させてもらうことになりました。

 

つちのいえに着いて

思いながら各々お昼ご飯を食べていると・・・

外からなにやら威勢のいい掛け声が!

森へいくツアー6 松葉屋家具店

いきなり餅つきが始まりました。

作りたてを食べるためには

あとで作る時間がないから始まる前についてしまおう!

ということで、北村さん(杵を持つ)と前田さん(手で返す)

がすごい速さで美味しいお餅をついていきます。

 

森へいくツアー6 松葉屋家具店

早く!

丸めないと硬くなっちゃう。

これまたすごい速さで、さとこさん、あやかさん(前田さん、北村さんの奥さん)が

あんこを包みながらお餅を丸めていきます。

手さばきに見惚れます。

森へいくツアー6 松葉屋家具店

そうこうしているうちに、参加者の方の中から

誰ともなくお手伝い隊が生まれ、お餅を丸める・・・

 

気づけば手元に大福餅が!

森へいくツアー6 松葉屋家具店

森へいくツアー6 松葉屋家具店

うまい!

当たり前ですが、モチモチです。

もち米だけよりも、弾力があります。

栃餅の独特の風味(例えようがない)香ばしいような

お山の味がします。

 

 

さてさて

そんな怒涛の餅つき〜大福餅から

あいさつもそこそこに始まった森へいくツアー

お茶を飲んで、自己紹介もすませ

さっき食べた栃餅の材料になった「栃の実」を落とす

大きな栃の木を見に出かけました。

 

あいにくの雨模様。

どうも、前回のツアーから一日目は雨が降ると決まっているようです。

 

森へいくツアー6 松葉屋家具店

大きな木ですよ。

 

集落から少し山を車で登ったところに、立つ栃の木。

周りを見渡すと、少し距離を保ちながら栃が転々と生えています。

それがみんな大きな木。

そして、さらに少し斜面を登っていくと、さらに大きな栃の木がありました。

松葉屋にある一枚板よりも幅の広い、直径の栃の木でした。

 

 

大網では「栃の木は切るな」と言われているそうで

杉林の中に

ポツリポツリと栃の木が残されています。

大きな実をつける栃の木が大切にされてきた様子が山を見るとわかります。

 

 

つちのいえに戻ったら

栃餅づくりの一部を体験。

栃の実の殻むきをします。

水につけた栃の実

つるつるしています。

森へいくツアー6 松葉屋家具店

こういう道具で

森へいくツアー6 松葉屋家具店

横にスライドさせながら栃の実に力を加えて

カポッと剥いていきます。

森へいくツアー6 松葉屋家具店

ちょっと栗っぽいですね。

森へいくツアー6 松葉屋家具店

慣れるまでちょっと大変ですが

だんだん口数が減り・・・集中。

かと思うと

「おっ3回で剥けた」とか

「楽しい・・・」

なんていう独り言が飛び交い

夢中になりました。

森へいくツアー6 松葉屋家具店

気づけば、剥かれた栃の実と殻が山になっていました。

 

でも、きっともっとたくさんやる事になる大網のみなさん。

すごいです。

美味しい栃餅をありがとうございます。

 

こうして剥かれた実は1週間流水にさらして灰汁を抜いて

灰と一緒に炊いて灰汁を抜いて・・・

最初に食べた栃餅になるまで、まだまだ時間がかかります。

 

一つの工程を体験しただけでも

人の力を感じて

「食べる」ための惜しみない手間と時間の感覚に改めて驚きました。

 

多分、自分の口にしてきたものの中で

もっとも時間がかかった食べのもなんじゃないかと。

 

食べ物に対する時間の次元が違いました。

 

 

 

晩御飯はこれまた美味しく

森へいくツアー6 松葉屋家具店

皆で作った笹寿司と

くらしてさんの調理担当のスタッフの方が作ってくれた

里のご馳走がたくさん。

 

山の話、森の話、大網の話・・・

いろんな話に花が咲き

 

それぞれに楽しい時間を過ごしながら

一日目が終了しました。

森へいくツアー6 松葉屋家具店

 

明日は晴れますように。

 

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑