一枚板 水目桜(ミズメザクラ)とキラキラの清流

松葉屋家具店主の善五郎です。

水目桜(ミズメザクラ)は桜と名付けられるものの

ソメイヨシノなど花見の桜とは種類が違います。

 

桜はバラ科、水目桜はカバノキ科カバノキ属です。

なぜ桜と呼ばれたようになったのかどうやら樹皮の雰囲気や葉が似ている

ことから桜という名前がついたようです。

一般的には桜をとってミズメと呼ばれることも多いですね。

木目は横に真樺(マカバ)があったとして、なかなか区別がつかない。

 

水目桜の「桜」はわかったとして

ではミズメとはどういう意味なのでしょうか?

水目桜は古くは高い弾力性を生かして梓弓(アズサユミ)を作るときに

使用されていたと聞きました。

 

梓弓? これまたわからない言葉が出てきましたね。

水目桜の別名として梓(アズサ)と言います。

梓弓は神事などに用いられるアズサの皮で作られた弓のこと。

また材質にかかわらず弓のことを梓弓と呼ぶこともあるそうです。

 

ミズメから話が外れてしまいました。

どうやら「水目」という名前の由来は、樹皮を傷つけると

水のように樹液が出ることに由来するというのが通説のようです。

 

一方、磨き上げると虎の背中のような杢、トラ杢とかトラフと称するものが

出るのがミズメの特徴です。

ですから多くの方はミズメの美しく磨かれた木肌を見て

暑い夏の日、プールに飛び込んで水面を見上げると青の世界、

光が屈折してそれがキラキラ輝いて見える

そんな景色を連想される方が多いのではないでしょうか。

 

論は証拠、まずはこの写真を見てください。

この風景を見るとああミズメなんだ、

と誰しも思うはず。

 

ある日、川辺でこんな光景に出会いました。

まもなく開催します。

樹齢200年にもおよぶ

「日本産 広葉樹材でつくる一枚板のテーブル展」

2月22日(土)〜3月8日(日)

 

 

 

 

 

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

一枚板の天板 壁のシミが顔に見える?

松葉屋家具 店主の善五郎です。   子どもの頃、 ...

記事を読む

新着記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑