春の展示の見所 ”山桜”

こんにちは、スタッフの須坂です。

一枚板展もあっという間に3週目に入りました。

今回の一枚板テーブル展の見所は、
何と言っても”桜”でしょうか。

寒く厳しい冬を越え、
春になり満開の花を咲かせる桜の木は、
進学や入学など、大切な節目の多いこの時期には
かかすことはできません。

今回の展示には、
2メートルを超える大きな桜の一枚板から、
50センチほどの小さな板まで、
さまざまな大きさや形をご用意できました。

桜は若い木と100年を超えた長寿の木とでは、
杢目にずいぶん違いがあります。

若い木が流れる様なさらっとした
繊細な杢目をしているのに対し、
上溝桜の杢目
長寿の木になると色が濃くなり
墨で描いた様に杢目も太くなり、
その長い年月を感じる貫禄があります。
樹齢150年 山桜
松葉屋の一枚板テーブルになるのは、
もちろん後者の木になります。
松葉屋一枚板テーブル 山桜と上溝桜のスツール

ちなみに、
学習机や収納棚など、
数枚の板を合わせて形になる家具には、
主張の強い大きな木は使わず、
杢目の優しい比較的若い木を使います。
(とは言え、樹齢は6、70歳は超えます!)

こちらは、
先日お届けした山桜の学習机です。
松葉屋の一生使える学習机 山桜

ひときは赤身の美しい一台です。

この春、
お子さんの小学校入学に合わせて
お選びいただきました。

数ある中から
『ボク、茶色が好きなんだ』
と、一目見てすぐにこの机に決まりました。

お届けまでの数日間、
今か今かと待って待って‥

ようやくの来た!
で、この笑顔です。
小布施町N様邸 山桜学習机
大切にずっと使っていただけたら嬉しいです。

小布施町N様、
本当にありがとうございました。

末永くお付き合いください。

2016/03/12 | 一枚板, 学習机

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑