森へいくツアーの準備 かんじきづくり

こんにちは、スタッフの池田です。

今月末の土日に開催する
3回目の森へいくツアー。

今回は自分でつくったかんじきを履いて
雪の中を歩きます!

 

まずは自分たちでつくってみないと

ということで、先日ガイドのラポーザさんへうかがって

作り方をおしえてもらいました。

 

土台になるのは「リョウブ」という

ツルのような細い木。

 

これを丸く曲げて形をつけたものを使います。
この時は、12月に山に採りに行ったものを使いました。

P1020785

くいくいっと力を少しずつ加えていくと
ふにゃーっと木が言う事を聞いてくれるように
曲がりました。
 
P1020839

この丸い木の枠に
縄をかけていきます。
 
なかなか複雑で、説明を聞きながら
左の縄と右の縄がごちゃごちゃにならないように
・・・・
何度か「あれ?」「あれ?」と混乱しながら
編んでいきました。
 
(編み方は森へいくツアー本番にまた掲載しますね。)
 
 
両足つくるのに、およそ1時間。
出来上がったら試し履き。
 
IMG_0011
私がつくったのは
ちょっと縄のユルいところがあったみたいで
歩いている時にかかとの紐が取れてしまいました。
 
 
でも、自分でつくっているから
自分で直せる!
 
問題ありません。
 
 
雪の上をざっくざっくと歩く感触は
気持がよくて
沈まないので、気分は水の上を歩く忍者のようです。
 
わざと片足だけかんじきを脱いで歩いてみたら
その差は歴然。
履いていないと脚だけズボズボ雪の中に深く入ってしまいました。
 
 
考えた人はすごいですね。
 
もう少し、改良が必要そうなので
今日もこれから編み方の練習。
 
本番を安心して迎えられるように準備します!

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

街の中の大きな木 與賀神社の楠

こんにちは、スタッフの池田です。   毎日松葉屋で大...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑