「一生使える学習机」十二の想い(3/12)

こんばんは。100年家具店主、松葉屋善五郎です。

突然ですが、この真鍮のプレートを見たことがありますか?

連載で書き綴ってきた「十二の想い」も今回で第三章です。

今回は、「このプレートとの出会い」についてお話しします。

ぜひ一度読んでみていただき、皆さんの感想などもお聞かせくださいね。

第三章 一生ものにこだわる理由

以前、とても嬉しい仕事をいただきました。それは、長野のとある高校の教頭先生がお見えになって、学校の家具の修理を依頼されたことから始まります。実は、依頼された家具は、昭和二年に松葉屋家具店が製作した衝立(ついたて)でした。昭和二年というと今から85年も前のものです。

それなのに、なぜその家具が松葉屋家具店製とわかったのでしょうか?

……その理由は、

お店のプレートが打ち付けてあったからだったのです。

後日学校へ行き、現場を見せていただくと、和洋折衷のモダンなデザインの衝立と対面することになりました。生徒さんたちは、毎日水拭き掃除してくれていたとのこと。僕は感謝の気持ちでいっぱいになりました。

昭和二年というと、先々代の善五郎、つまり、私の祖父の時代です。残念ながら私が生まれる前に亡くなっていましたが、その祖父に出会えたような気がしました。



後世に恥じないものをつくる。

言葉で言うのは簡単ですが、それを実現するのはとても難しいことです。しかし、この出来事を通じて、そのことの素晴らしさと、そのことの責任の重さの両方を実感しました。

一生ものをつくり続けていく。

それは単なる宣伝コピーでなく、松葉屋家具店の○○なのです。

 

大切にしていきたいことは、このプレートに全て込められている。そんな風に思うのです。

 


次回は第四章「家具業界の非常識な常識」を綴ります。

「木の机とテーブル展」を開催します。11月23日〜2月12日(月)

2017/11/24 | 一枚板, 学習机

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで02「製材と乾燥。家具をつくること、届けること」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

エッセイ「木の鼓動」

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

新着記事

ギャッベの色どり。「秋の散歩道」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

ギャッベ「空の移ろい」

「空の移ろい」 空は一瞬も同じ時がないよね。  ...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑