一生使える学習机~ひきだしがひとつしか無い理由

一生使える学習机~ひきだしがひとつしか無い理由

 

僕たちのつくる学習机には「抽き出し(ひきだし)」が

ひとつしかありません。

しかも深さが4cmほどしかない非常識な?学習机です。

木の学習机 抽き出しひとつ

なぜでしょうか?

 

想像してみてください。

収納とか戸棚とか抽き出しって

空間があればあっただけ埋まってしまいませんか?

 

「収納空間 あればあるほど埋まる法則」

 

試しに家中の抽き出しをチェックしてみてください。

何本のボールペン、鉛筆、消しゴムをしまい込んでいるか。

笑わないでくださいね。

ウチは煎餅の缶一杯にあふれるほどありました。

 

子どものプリントはどうでしょう。

小中学校のころは毎日配布されるプリント。

 

ずっと先まで

本当に大切で、必要なものってそんなに多くないんじゃないかな。

 

今日明日必要なプリント、

毎日かならず使う、愛着ある大切な筆記用具

それだけを入れるための抽き出し。

 

だから、ひとつだけで4cmの深さというわけ。

 

ずっと必要で大切なものと

そうでもないもの

 

それをはっきり仕分けすることが

不要なものを増やさない秘訣です。

 

子どもたちやお父さんお母さんに、そういう価値観を養ってもらいたい

そういう願いを込めた「一生使える学習机」なんです。

一生使える無垢の木の学習机

2013/12/17 | 学習机, 未分類

関連記事

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(10/12)

こんばんは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 &n...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑