木・細胞を補完する

こんにちは、スタッフの池田です。

一枚板を見ていると

点々と、虫が食べた跡が残っているものがあります。

 

長い年月を経て生きてきた木は

虫に食べられてしまったり

枯れてしまったり

何かの拍子にキズがついてしまったり

きっといろいろなことが起こっているんですよね。

 

そんな木の生きた証であるキズを見た銘木市場の方が

教えてくれました。

松葉屋家具店 一枚板 虫の跡
 
P1110694
中心の濃い丸い部分と周りに広がる跡の色がちがうもの。
これは、虫に食べられてしまったまわりに、別の細胞をつくって
木が自分の体を守ろうと「補完」しているということ。
 
 
「ほー、なるほど。」と
関心してしまいました。
 
木は、外からの刺激に対して動いて避けたりはできないですもんね。
だから、自分の体を治して守る。
 
それを知ってから、木にできたいろいろな跡を見るたび
がんばって生きたんだなと
本当に尊いものに思いました。
 
 
人でいう、かさぶたに似ていますね。

2014/09/15 | 一枚板

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑