オーダ家具 木材の基礎知識 その2 「樹木の成長と木材の各部の名称」

こんばんは!
100年オーダー家具店主、善五郎です。

今回は木材の基礎知識2回「樹木の成長と木材の各部の名称」です。
ちょっと小難しい内容ですが、本当の基本ですから
ついてきてくださいね。

家具屋や家具職人さんより木に詳しくなれますよ。

● 樹木の成長
地上に落ちた樹の種は、土中で芽を出し活発な細胞分裂を
繰り返します。
土の上には幹を伸ばし、土中には根を張っていきます。

根は土中から栄養素と水分を吸収し、幹へと送り、
葉を広げます。日光を受けた葉は葉緑素の働きで光合成を行い、
生育に必要な糖や澱粉を作ります。

こうしてできた成分は樹皮の内側の組織を通って下へ降りながら、
新しい細胞を樹皮にも幹にも増やしていきます。

このような繰り返しで樹木は徐々に大きくなっていくのです。
この、重要な働きをする部分は『形成層』と呼ばれますが、
滋養成分を多く含んでいるため、動物に食べられることが多く、
樹皮が柔らかいうちに被害を受けると幹の成長が悪くなり、
幹の全周を食べられてしまうと樹木は枯れてしまいます。

こうした食害は年々深刻な状況になっていますが、
背景には、気候や開発による動植物の生息分布の変化などの
さまざまな要素があり、大きな視野で考えていかなくてはいけない問題です。

樹木の成長

● 木材の各部の名称
私たちが普段考える木の部分といえば『根・幹・枝・葉』ですが、
このうち木材として一般に利用されているのは幹の部分で、
樹幹ともいいます。

枝や葉、根を取り去ったものを丸太といっています。
幹を横に切った断面(木口/コグチ)を観察すると、樹皮に近い部分の色は淡く、
その内側は色が濃くなっています。

この色の淡い部分を辺材または白太と呼び、濃い部分を心材または赤太といって、
利用上区別して扱います。

また樹幹は、根に近い太い方を元口といい、梢に近い細い方を末口と呼びます。
日本建築で床柱等によく使われる磨き丸太というのは、樹の成長期に枝打ちをし、
節ができないようにしたものをヘラで樹皮をはがして、夏の日にさらし磨きあげた、
特有の光沢が美しい材です。

京都の北山杉は桂離宮にも使用されており、特に有名です。

木材の断面

 

 

読んでいて、眠くなっちゃいましたね。
次回は各部の特性についてになります。
お楽しみに!

質問がありましたら、どんどんお寄せください。

関連記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

松葉屋家具店 ちゃぶ台 卓袱台

松葉屋のちゃぶ台(卓袱台)についてお話しします。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 本日は、松葉屋で作...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 巾ハギテーブル

黄檗(キハダ)の巾ハギテーブルを選んでいただきました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今年もどうぞよろしくお...

記事を読む

松葉屋家具店 欅 ケヤキ 一枚板テーブル

欅の一枚板テーブルと家族の椅子

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、長野市のお客様へ...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑