美しく育つ百年家具

こんばんは、スタッフの須坂です。

私事ですが、
僕は古いものが大好きです。
善五郎さんにも負けないくらい
ボロッちい物が大好きです。

古着、古道具、古民家

出会ってしまうとつい
感情移入してしまうと言うか
ほおっておけなくなってしまいます。

松葉屋の古い家具

そこには、
先人の知恵や思い、
手間をかけ作り
そして大切に磨き育くまれたものにだけある
味わいがつまっています。

ある本に、
こんな言葉がありました。

「生まれたての美しさは失われてしまったけれど

年を経たものだけが持つ当別な美しさを

我知らず身にまとい、ただ静かに在る。

たくさんの傷はきっと、生きてきた時間の証し

あなたみたいな人がいたら

きっと、素敵な人だと思う。」

百年後の松葉屋の家具は

きっとそんな人になっています。

一枚板テーブルけやき
【夏の広葉樹一枚板テーブル展 開催します!】

「一生使える家具しかつくらない。」
「
そこにこだわるから、松葉屋家具店だと思う。」

この夏、松葉屋にまた美しい杢の一枚板が集まります。

・長く、長く使えるものであること。

・使うひとの身体と心に
 無理のないものであること。

日本の山で長い時間かけて育った、
大径の広葉樹の一枚板で製作しました。

一枚一枚個性の違う木を眺めていると、
ひとりの人間の性格を見ているようでとても楽しい。
ぜひ個性豊かな一枚と出会いに、松葉屋へお越しください。

日本の山で育った樹齢200年の広葉樹一枚板テーブル展
期間:8月1日(土)ー25日(火)

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑