夏もさらりとしたギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。

 

日ごとに暑く

海の日を迎えた今日も

1日中良すぎるくらいの良いお天気でした。

 

店頭に展示しているギャッベも

強い日差しに照らされています。

松葉屋家具店 アートギャッベ ゾランヴァリ

日が当たっているところは
ふかふか、ほかほかしているので
気温が30度を越えるような日に見ると
見ているだけで暑い・・・
という印象かもしれませんが。
 
しかし、触ってみると
暖かいことは暖かいのですが
熱を持って暑くなっているのとはちょっと違うんです。
 
 
 
すごくお天気のいい日に
車に乗ろうとドアを開け
むわっと熱に顔をしかめながら
シートに座ると
すぐにお尻や背中が汗だくになって
さあ、出発するかと
ハンドルを握った瞬間!
あつい!
さわれない!
 
 
・・・・
という、あの熱を持った感じとはちょっと違うんです。
 
 
日も当たっているしさぞ暑かろうと思って触ると
じわっとべたっとした感じはまるでなく
さらさらしている。
そのとき自分の手も暑ければ
逆にひんやりした印象すら受けます。
 
 
ギャッベに使われる羊の毛は
標高の2500mくらいのところで育った毛を使っていて
湿度の調整をしてくれる、調湿作用に優れた毛。
だから暑い日でもしっかりと空気を含んで
べたっとした湿気を逃がしてくれる。
触ったところと毛の間に空気の層があるだけで
さらりと涼しいのです。
 
 
だから、大きなギャッベの上で夏の昼間にお昼寝もできてしまう。
 
椅子の上に置くのもおすすめです。
松葉屋家具店 アートギャッベ
汗をかいて、べたべたして気持ちが悪い。
ということもありません。
 
 
この快適さに驚いて
ウール製品なのに、夏に選ばれる方も多いのが
ギャッベなんです。
松葉屋家具店 アートギャッベ

2015/07/20 | アートギャッベ

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑