アートギャッベのある暮らし〜「わが家とギャッベ」

「松葉屋のギャッベって、ほかのと全然ちがう。」

そんな言葉をよくいただきます。
ほんとうにうれしい瞬間です。

まるでムスコが学校で先生に褒められたのが
親ばかでうれしさいっぱいになるように。

 

私たちがゾランヴァリ・アートギャッベと出会ってから
10年近くになります。

ギャッベは、商品としてではなく
自分自身のまるで家族のような
欠くことのできない存在。

それがゾランヴァリ・アートギャッベなんです。

アートギャッベのある暮らし

わが家とギャッベについて、
5年前妻が書いた文章を、照れくさいけど
ご紹介しますね。

………………………………………………………………….

わが家とギャッベ
わが家にギャッベがきてから3年たった。
3才だった息子が (なにをしてくれるかな?) と毎日ハラハラ。

アートギャッベのある暮らし

ある日息子が、牛乳をこぼした時家族全員集まって、私が拭くのを見守り、
きれいになって 「あーよかった」とみんな安心したこと。

ある日は息子が床にすわってニコニコグルグルなにかをかいている。
( 画用紙よね ?) とおもって近寄る と、ギャッベが画用紙!!

「ワーやめてー」落ちない太い鉛筆 のあとを、 一生懸命拭いてる私の顔が、
よほど悲し そうだったのでしょう。
ぞれからは息子もギャッベを大事にしてくれるよ うになりました。

親がモノを大事にしていると 、こどもはそれに習うんですね。
使い捨ての時代に、 言葉ではな く体 験として大事な事を伝えられる、
ほかにはそうない生活道 具だ、とおもいます。

そしていつかやってくる、娘や息子の巣立ちの目。

わが家のギャッベを一枚ずつ、持たせようと思っています。
こども時代、ケンカしながらも楽しく 、安心してすごした家族との暮らし。

『安心=しあわせ』の象徴であるギャッベを、
こんどは一人で、またはあたらしい家族との暮らしを始めるときに、
『これがあれば大丈夫』 と
自信をもって、あたらしい一歩をふみだして、 日々を積み重ねていけるように。

親からなによりのプレゼントになると、信じています (思うだけで涙がでそう)。

アートギャッベのある暮らし

まもなく開催!
【大地と空、火と草色のじゅうたん展】
ゾランヴァリ・アートギャッベ500枚に出会う

2014年10月18日(土)〜11月3日(月・祝)
9:30〜19:30(会期中無休)

詳しくはこちら ↓
https://www.matubaya-kagu.com/pdf/event/2014/10gabbeh.pdf

 

関連記事

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑