アートギャッベのある暮らしー長野市 Yさん

「家がちいさな美術館」 だと思ってる。
自分の好きなものだけ置きたい。
このじゅうたんも、その 「ひとつ」 なの

長野市 Yさん

 

「居住まい」
人の座り姿勢や、住む環境をさすこの言葉を、
「うつくしい」と感じたのは、
この人と出会ったから。

長野市内に暮らすYさん。
長いおつきあいをさせていただいています。
今回あらためて、その暮らしぶりの確かさに感銘。
ぜひ、ご紹介したいと思いました。

アートギャッベ

Q どのようなきっかけでギャッベを知りましたか?

A 松葉屋さんには、昔からおつきあいがあったけど、
普段は「古いもの、アンティーク」が好きなので、
お店ではいつも見ていたけれど、
自分には「たぶん、気に入るものがないんじゃないか」と、
漠然と思っていた。

だけど、このじゅうたんを見たとき、
「アンティークじゃなくても、素晴らしいものがある」
「もし、現代のものを考えるなら、これしかない」って思った。

本当は、一度あきらめかけたの。でもやっぱり、ご縁があったみたい。

アートギャッベ

アートギャッベ

Q ギャッベを使ってみていかがですか?

A 仕事をして帰って、ほっとするとき、このじゅうたんがあるだ
けで、本当に安らいだ気持ちになれるんです。

今までは、「じゅうたん」っていうと、なにか「インテリア」って感じで、
何となく「よそよそしい」なって。

でも「本物」は身近で、生活に密着したものなんだって、わかった。
自分の趣味、絵柄、色、自然なところ、完全に一致している、と感じます。

実家の母や、お客さん、家に来てくれる人たちがみんな、「いいね」っ
て言ってくれる。

毎日が楽しいし、満足してます。

アートギャッベ

Q ギャッベをまだ知らない人や使っていない人に伝えたいこと
はありますか?

A 毎日の暮らしが楽しくなる。
心から気に入ったものがいつもそばにある、いつもときめく、豊か
な気持ちになれます。

趣味的なもの…。これ以上のものには出会えない気がする。

この気持ちが、とても大切。そのときに「いいな」と思ったら、手に入
れるべき。と思う。

今は一番使う部屋に敷いている。朝から夜寝るまで。
朝はここで食事して、仕事から帰ってきて夕食もここ。お茶を飲ん
だり、くつろいだり。

最近、主人が良さをわかってくれるようになったの。
最初は、「なんだ、こんな高価なもの」って。
価値観が少し違う家族も、そのうちにわかってくれるようにな
るから、「ステキ」って思ったら、おもいきってみるのもいいかも。

「家が小さな美術館」だと思ってる。自分の好きなものだけ置き
たい。このじゅうたんも、そのひとつなの。

Q 絵画や古美術、それからじゅうたん。ものを選ぶときの基準
ってなんですか?

A 「カン」かしら…。 そのものの味、古くなったらどう変わっ
ていくか、とか、職人さんの手間とかを想像してみる。

それから買ってから、より深くその物が作られた背景とか調べ
るのが楽しい。より好きになって、愛着がわくの。

5−1

5−3

まもなく開催!
【大地と空、火と草色のじゅうたん展】
ゾランヴァリ・アートギャッベ500枚に出会う

2014年10月18日(土)〜11月3日(月・祝)
9:30〜19:30(会期中無休)

詳しくはこちら ↓
https://www.matubaya-kagu.com/pdf/event/2014/10gabbeh.pdf

2014/10/06 | アートギャッベ

関連記事

茜(あかね)色の松葉屋

こんにちは、スタッフの池田です。   11月18...

記事を読む

ギャッベを壁に飾る

こんにちは。 松葉屋家具店店主の善五郎です。 ただいま松葉屋店...

記事を読む

ギャッベと卓袱台(ちゃぶ台)

ギャッベと遊牧民と、卓袱台(ちゃぶ台)のある暮らし

こんにちは 松葉屋家具店主の滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

お店って舞台だよね。ギャッベの入れ替え。

松葉屋の「がらんどう」の2階 お店は生き物。 いつも循環して、...

記事を読む

インタビュー「ギャッベ 108の暮らし」長野市Kさん(2)

松葉屋のギャッベを大切に使い続けてくださっている長野市のKさん。 後...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑