栃の一枚板、お届け準備いたしました

こんにちは、スタッフの須坂です。
 

信号待ちをしているバスの

ガラガラガラガラ‥という

夏らしい音に、

チリンチリン‥と

涼しげな風鈴の音が響き

 

夏の心地よさを感じる松葉屋です。

気持ちの良い夏の日

あとは冷たいものと

本でもあれば‥

いやいや、
そうは言ってられません!

本日、
お届け前の『栃』の一枚板を
お手入れさせていただきました。
虎斑栃お手入れ

複雑に絡み合った杢目
そして大胆に巻き込んだ樹皮

さらに板全体に広がるさざ波模様
虎斑栃お手入れ2

と、三拍子揃った
店頭でも一際目を引く
本当に美しい一枚でした。

お部屋に置いたら
どんな表情を見せるだろう‥

思いを巡らせつつ
仕上げさせていただきました。
虎斑栃お手入れ3

小田原市 s様

お届けまで、もう少々お待ちください。

そして、大切に
末永くお使いいただけたらと思います。

 

【夏の広葉樹一枚板テーブル展 開催します!】

「一生使える家具しかつくらない。」
「
そこにこだわるから、松葉屋家具店だと思う。」

この夏、松葉屋にまた美しい杢の一枚板が集まります。

・長く、長く使えるものであること。

・使うひとの身体と心に
 無理のないものであること。

日本の山で長い時間かけて育った、
大径の広葉樹の一枚板で製作しました。

一枚一枚個性の違う木を眺めていると、
ひとりの人間の性格を見ているようでとても楽しい。
ぜひ個性豊かな一枚と出会いに、松葉屋へお越しください。

日本の山で育った樹齢200年の広葉樹一枚板テーブル展
期間:8月1日(土)ー25日(火)

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑