「一枚板テーブルを二階で使いたいのですが」というご質問にお答えします。

こんにちは!
100年家具店主、松葉屋善五郎です。

 

前回一枚板が重いというのは
事実でもあるし、誤解もあるかもという
お話をしました。

テーブルが重くて困るというケースは…
思ったより少ない気がしますが、
どうでしょう。

 

日常で
お掃除などで動かしたい時
季節によって、例えばこたつに替える時

模様替えなどで移動したい時

 

また滅多にないが
転勤などでお引越しするような場合

それから注文いただいて、納品設置の時。

ざっと考えてこんなところでしょうか。

 

あ、納品設置は、松葉屋やプロの運送さんが担当しますから
どーんと安心してご注文ください。

 

僕たちがご注文後、
納品前にお住まいの状況をお聞きする時

一階でのご使用か、
二階以上でご使用なのかが一番気になるところです。

 

じつは2m以上の長さのテーブルを
階段でお二階まで上げるのは、

少しコツが必要ですが
意外に問題なくお届けが可能です。

箪笥やカップボードなどの箱モノと違い
過去上げられなかったケースはほとんどありませんでした。

 

マンションの12階のお住まいで
エレベーターに入らない大きさだったため
外階段からお届けしたこともあります。

ただ、今回ご紹介するお宅は
京都の町家、間口や階段が細く、
階段では二階に持ち上げられなかったケースです。

まあ、本当に稀なケースとしてご紹介しますね。
信州産の本当にうつくしい「栗」の一枚板でした。

 

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

栗の一枚板 納品

まもなく開催!
日本の山で育った広葉樹
樹齢200年の一枚板のテーブル展
2015年 8月1日(土)~8月23日(日)

四季を生きぬいてきた、日本の広葉樹。
その木理は、ほんとうにため息がでるほど美しい。
なにげない日常が、至高の時間になることを
お約束します。

長野市善光寺界隈の松葉屋家具店+くらし道具学究所で
出会うことができます。
ぜひ、おでかけください。

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑