家具修理 ケヤキのつい立て

こんにちは、スタッフの斎藤です!
今日はお盆入り直前ということもあり、善光寺界隈はお花市でにぎわっています。
松葉屋の目の前も歩行者天国になって、みなさん楽しそうに歩いています。
雨もあがって良かったです。

松葉屋では「樹齢200年国内産広葉樹 一枚板テーブル展」と「夏のトリコラージュ展」を同時開催中ですが、
そんな中に今日はケヤキのつい立てを納品してきました。

実は以前とあるお寺から、「次のお盆に向けてこちらのケヤキをつい立てにしてほしい」とのご依頼をいただきました。
松葉屋 ケヤキつい立て1

松葉屋 ケヤキつい立て2

今まではガラスの板をのせて座卓として使われていたようです。
それを松葉屋にて、台座の脚をケヤキで作成し、植物性オイルで仕上げました。

それがこちらです!
松葉屋 ケヤキつい立て4

松葉屋 ケヤキつい立て5

松葉屋 ケヤキつい立て3

木目が美しくよみがえっています。
長年生きて来た木には力強さと美しさが宿っています。

つい立てには単なる目隠しだけではなく、聖なる領域を仕切る「結界」という仏教的な意味合いもあるようです。
これほど力強い結界であれば、邪悪なものは入ってはこれないでしょうね。

大切な檀家さんたちがいらっしゃるお盆の支度に間に合ってよかったです。

松葉屋ではこういった修理も対応しておりますので、是非お問い合わせください。

また、松葉屋はお盆期間中も休まず営業しておりますので、是非いらしてください。
スタッフ一同お待ちしております。

2014/08/12 | 100年使う家具

関連記事

松葉屋家具店 配送 一枚板

欅の大きな一枚板お届けしました。  滋賀県長浜市「手打ちそば 掌山さま」

こんにちは、スタッフの池田です。   2月のはじ...

記事を読む

松葉屋家具店 オーダー家具 キッチン収納

オーダーの家具づくり 物の時間の話 

こんにちは、スタッフの池田です。    ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

松葉屋家具店 山桜一枚板テーブル

山桜の一枚板テーブル 東京都K様

こんにちは、スタッフの池田です。   マンション...

記事を読む

新着記事

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

松葉屋家具店 椅子 テーブル

自分に合う椅子をみつける

こんにちは、スタッフの池田です。   松葉屋では...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

善光寺界隈

守ってあげたい。セイヨウタンポポ。

道ばたの、側溝のスリットから顔を出したセイヨウタンポポ。 庭...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑