大好きな家具のために、もっと木のことを知りたい。

「家具屋より木に詳しくなる」

 

自然素材の代表『木』は、太古より現在まで、私たちの生活に寄り添い、

あたたかさや安心感を与えてくれてきました 。

国内産広葉樹一枚板

 

建築には 、構造材から具・床・天 井・壁など内装まで

また、家具 や 食器・楽器 その他 工芸品、更に紙製品までも、

手にするさまざまなものが木材によって作られています。

 

にもかかわらず、一般に『木材』という素材の種類や性質について、

私たちの知識があまり豊富でないのは、

あまりに身近にあり過ぎるがために、その本質を知ろうとすることなく、

何となく使い過ごしているからかもしれません。

 

 

どのような材料でも環境の影響を受けないものはありません。

温度・湿度・摩擦・酸やアルカリなど による腐食、そして紫外線など。

 

さまざまな影響を物質は受けています。特に高温多湿の夏から寒冷 乾燥する

冬まで、強い四季を持つ日本で木材を使い続けるためには、私たちもその特質、

変化に対応する方法を知ることが大切です。

そしてそのことが『木への愛着』につながっていくのだと思います。

 

木材にはたくさんの利点がありますが、また幾つもの欠点もあります。

それでも、あらゆる用途に使 い続けられてきたのは、その特性を生かす知恵を、

人びとが多くの経験によって積み重ねてきたからです。

 

木材の性質

■木材の利点

1比重が小さい

2加工が容易である

3比較的安価(貴重材は別)

4資源が広範囲にある

5熱や電流を伝えにくい

6木肌が美しい

7重量の割に強度が強い

 

■木材の欠点

1湿度の変化によって、膨張・収縮を繰り返す

2均質でない  (繊維の方向によって性質が極端に違う)

3腐朽しやすい (殊に乾湿交互の繰り返しに弱い)

4燃えやすい

5薬品に対して抵抗力が弱い

 

 

以上のような木材の欠点は天然材ならではのもの。

それをどのように処理し、補い、付加価値を高め ていくか、ということが

木材を利用する上での課題です。

 

これから何回かにわけ、「家具屋より木に詳しくなる」ことを目指して、「木」について

お話していきたいと思います。

2014/02/03 | 未分類

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

前の記事:

次の記事:

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑