オーダー家具〜黄檗の書斎机を製作します。

100年家具店主、善五郎です!

なかなかお目にかかれない
希少な黄檗(きはだ)の一枚板で
木の書斎机を製作することになりました。

文字通り、皮の部分が黄色い「黄檗(きはだ)」

黄檗(きはだ)一枚板

黄檗(きはだ)とは
[その他の名称]
ヒノハノキハダ、カラフトキハダ、方言でキワダ、シコロとも言う。

ミカン科の落葉広葉樹。環孔材。
学名 : Phellodendron amurense
北海道、本州、四国、九州に自生。また、樺太、韓国、中国にも分布。

心辺材の区分は明瞭。辺材は白黄色、心材は緑色を帯びた黄褐色。
比較的軽いが、適度に堅質である。水湿には強い。加工性に優れ、
木目が非常に美しい。

鉋で削ると材面は滑らかに仕上がり光沢がある。
気乾比重 : 0.45

家具材、楽器材、建築材など。着色して桑材の代用として使われることがあり、
その場合は雌桑・女桑(めぐわ)と称し本桑と区別される。

樹皮の内側が黄色なのでこう呼ばれる。
樹皮は苦味があり、生薬名を黄蘗(オウバク)といい、
健胃剤や火傷の医薬などとして、また、黄色の染色剤に用いる。
オオバノキハダ、ミヤマキハダなどの変種があるが、木材はよく似ている。

黄檗という材を知ってはいても
なかなかこのような大径木に会うことは稀です。
贅沢に書斎机の天板に使用します。

黄檗(きはだ)一枚板

どんな書斎机に仕上がるかは、お楽しみに!

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑