オーダー家具 修理して100年使う

こんばんは!
100年オーダー家具店主 善五郎です。

オーダー家具 修理して100年使うという話です。

ひとつの道具、
例えば、お気に入りの一脚の椅子が10年使って
すこし緩んでギシギシするようになったとします。

さて、どうしますか?

お金も時間もかかるけど
締めなおし修理をして、使い続ける?

それとも
チラシで見た、手頃な値段の椅子に買い替える?

同じお金を払うなら、新しい方がいいと思うのも人情というもの。
難しい判断だと思います。

でも、あえて私たちは修理して使い続けることを
強くおすすめします。

例えば今日お届けした「古箪笥」の修理補修作業。
作業前はこんなに傷んでいました。

古箪笥修理補修

古箪笥修理補修

正直ボロボロな印象でした(失礼!)。

それがこんなにきれいに生まれ変わって
長野から岡山に引っ越しされました。

古箪笥修理補修

これはひとえにお客さまの「愛着ある箪笥を直したい」という
強いご希望があったからこそ。

充分そのご希望にお応えできたと自負しております。
長野から岡山に。
引っ越し業者さんに運ばれていきました。

古箪笥修理補修

関連記事

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

松葉屋家具店 配送 一枚板

欅の大きな一枚板お届けしました。  滋賀県長浜市「手打ちそば 掌山さま」

こんにちは、スタッフの池田です。   2月のはじ...

記事を読む

松葉屋家具店 オーダー家具 キッチン収納

オーダーの家具づくり 物の時間の話 

こんにちは、スタッフの池田です。    ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑