贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。

松葉屋の中で万屋(よろず屋)的な僕ですが、
本日はとある”お贈り物”のご注文品を発送するための箱を作っています。
松葉屋はなんと、箱も手作りするのです。(稀に)

まずは大きな板段ボールを用意
板段ボールを用意
普段は一枚板天板の型紙をつくるための、
90×180センチの大きくて丈夫な板段ボールです。

こちらは図面
精密な図面
とーってもラフな図面ですが十分です。

これに基づいてカットしていき‥折り目もつけつつ
カット後

完成です!
完成

中もピタっと納まりなかなか良い感じです。
ピタッと

蓋を閉めるとこんな感じ。
いかがでしょう?
蓋閉めて
お送りするだけの箱ではなく、
大切に保管していただく際にもお使いいただけるように、
継ぎめが目立ちにくいシンプルな箱にしてみました。

組み立てつつ、
私ごとですが小学生時代に
紙で車や家を細かく作り込んで遊んでいたのを思い出しました。
そして芸は身を助け、
今では松葉屋で箱をつくる人に‥。

ところで気になる箱の中身の方ですが‥
それは後日、池田からご報告することとなるでしょう!

2021/01/24 | 未分類

関連記事

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

ゾランヴァリ・アートギャッベ

大好きなギャッベに、絵本みたいに物語をつくっています。

こんにちは。 松葉屋店主、善五郎です。 大型連休が2日目、 ...

記事を読む

新着記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑