欅の一枚板でこんなデスク/テーブルを製作してみた

松葉屋家具店 店主善五郎です。

欅の一枚板でこんなデスク/テーブルを製作してみた。

松葉屋にはめずらしい、固定脚の欅の一枚板デスク/テーブル。

なぜこのデスク/テーブルを作ったのか、かなーり脱線するけど聞いてください。

 

 

アナログレコードが復活してるって聞いた。ほんとらしい。

善五郎の世代ではレコードと言えばLP(エルピー)が当たり前。
まだ100枚以上もっているよ。プレイヤーを処分したから、聴けないけど。
LPレコードがわからない人がいるかもしれない…

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89#LP%E7%9B%A4

 

それ以前はSP(エスピー)と言う重くて分厚い円盤だった。
SPレコードについてはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89#SP%E7%9B%A4

ぼくんちには蓄音機というのかな、ゼンマイで回す装置もあった。
当時もう使われてなかったからSPレコードで音楽を聴いた記憶はない。

 

ラジオか電蓄で音楽を聴いているのか、可愛い男の子の古い写真。

ラジオの下にレコードラックが見えるね。
たぶんSPレコードがしまってあるんじゃないかな。

ところでこの写真だれだって?
僕、善五郎幼少の砌(みぎり)。幼少は篤とよばれていた。

砌(みぎり)ってなんだ、わかんないって? 困っちゃうなあ。

砌(みぎり)とは
主に高貴と見なされる人物の、幼いころを意味する語。
砌とは「時」「頃」といった意味をもつ言葉である。
まあ、善五郎はお坊っちゃんだったということだ。

話がズレたね。ズレついでに

うちのレコードのラックにあったSPレコードは、浪曲とか演歌とか
そんなものが多かったみたいだけど。
細野晴臣の家にはジャズのSPがあって、聴いてたそうだから、
ずいぶん違う環境で育ったわけだ。
ジャズとかクラシックだったら僕の人生も変わったかな。

その後LPレコード時代になってから、
コンソール型のアンサンブルステレオと呼ばれた一体型のステレオ装置が流行、

その後LPレコード時代になってから、
コンソール型のアンサンブルステレオと呼ばれた
一体型のステレオ装置が流行、
その後にセパレートステレオと言う装置が流行ったんだよ。
「ステレオ」がどこのうちにもあったというか、かざってあった時代。

テレビ、ステレオ、ピアノ、それから百科事典とか文学全集とかは
居間にかざってある代表的なものなんだ。

いわゆるオーディオメーカーからサンヨーとか東芝、
松下とかの家電メーカまでこぞって作っていた記憶がある。

電蓄っていうか、ポータブルプレイヤーも流行ったよな。
ペラペラなソノシートや45回転のシングルを聴いたものです。

ステレオという単語も死語かもね。
ステレオ (stereo) は、
音響工学ではステレオフォニック (stereophonic,
英語版ではstereophonic sound) の略語であり、
左右2つのスピーカーで音声を再生する方式のことであーる。

なんでこんなことを言ってるかというと、
コンソール型のアンサンブルステレオが流行っていた、
その時代の工業デザインの美しさなんだよね。

それ以前の蓄音機は家具そのものだった。
http://www.ne.jp/asahi/radiomuseum/japan/dentiku1.html#%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%9B%BB%E8%93%84%E3%81%AE%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8A

ステレオ電蓄の流行と普及

https://www.ne.jp/asahi/radiomuseum/japan/stereo1.html#%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%80%80LA-8%E5%9E%8B

 

それと比べて、こちらはいかにも近代的な工業デザインといえないか?
どうだろう。

http://history-of-stereo.com/ensemble-stereo.html

 

こうして見てくると、ステレオは音楽を聞くというより「暮らしの道具」なんだという
思いが強くなってくる。

さてここで強引に冒頭の欅の一枚板デスク/テーブルにようやく戻るよ。

ちょっとだけコンソール型のアンサンブルステレオに似てない?

脚の転び角度とか意識したんだよ。まあ、自己満足みたいなものだからさ。
よかったらコンソール型のアンサンブルステレオを意識した
こいつ、欅の一枚板デスク/テーブルに会いに来てください。

日本の山で育った広葉樹
一枚板のテーブル展

2020年2月22日(土)〜3月8日(日)
10:00〜18:00
お休み:火曜・水曜
木曜日はご予約制となっております。ご連絡ください。
TEL:0120-55-2346

 

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑