「ゾランヴァリ・ギャッベの買付け日記」イランから松葉屋に届くまで #02

「宝石の原石を掘り起こすように選んだギャッベ」

「松葉屋のギャッベって、ほかのとぜんぜん違う」。

そんな言葉をいただきます。その理由のひとつには、

『僕たちのギャッベの選び方』にあると自負しています。

松葉屋らしい絵画のような風景を感じさせる一枚。
絵本のような物語を感じさせる一枚。
僕たちは、イラン・ゾランヴァリ社の倉庫に眠る
2万枚以上の中から選ばれたギャッベを
「宝石の原石を掘り起こすように」 選びぬき、
名前をつけて紹介してきました。

そんな『僕たちのギャッベ選び』を下支えしてくれているのが、
選定人・波多野さんです。

なかなかイランへ行けない僕たちに代わって、ギャッベ選びをしてくれて、

「これは、松葉屋のあの方がとっても気に入りそうだなあ」なんて、

松葉屋のことを 理解してくれている波多野さんは、僕たちが信頼する選定人です。
ここでは、そんな波多野さんに、イランでギャッベを選ぶときのことなどをお訊きしたインタビューをご紹介していきます。


前回の「ゾランヴァリ・ギャッベの買付け日記」イランから松葉屋に届くまで#01もご覧ください。



誰かが買い叩かれたり、
強制労働されたりせずに、
豊かな感性が込められたアート


 

善五郎:2019SSの「ギャッベ108の暮らし」では、
ギャッベ選定の流れ(2万枚を見ることから、補修し、計算し、輸送するまで)を紹介していただき、

「織り子さんをはじめ、ギャッベに関わる人の苦労、美しいギャッベに驚く人の笑顔と感動まで、いろんな情景が、瞬間的に脳裏をよぎり、なんとも言えない高揚感が湧き上がることもありますね」と

お話されていましたが、今回の選定で、改めて感じたことは、何かありましたか?

波多野:先ほどの話とも重なりますが、ギャッベのように、「暮らしのまなざしを変えてくれる暮らしの道具 って 、そうないと思っています。 その上で、今どきの言葉でいえば、「エシカル*」であることも、 私自身さらに意識するようになっています。誰かが買い叩かれたり、強制労働されたりしておらず、今も遊牧民たちの豊かな感性が込められたアートであることは、ゾランヴァリ・ギャッベの何よりの魅力ですから。

* エシカル:法律などの縛りがなくても、みんなが正しい、公平だと思っていること

善五郎:そうですね。やはり、織り子さんたちの生活を豊かにする上で、ゾランヴァリ社が貢献している部分は大きいですか?

イランの美しい瞳をした子どもたち(写真:波多野さん)

 

波多野:大きいですね。ゾランヴァリ社のおもしろいところですが 、 どう考えても、工場を用意して、 毎日出勤させて織ってもらえば、一番効率がいいはずなのに、それを頑なに、やろうとしない。

善五郎:それはなぜですか?

波多野:これには2つ理由があります。

1つには、「昔ながらのカシュガイの伝統を失わないように」ということ。

もう1つには、「定住する人も増えてきた中でも、遊牧民古来のギャッベに対する誇りが高く、『家で家族と共につくるものである』という意識が根底に残っているから」です。つまり、今でも、家庭で親から子へ受け継がれる「秘伝の技術」としての伝統が守られているのです。

善五郎:伝統も守りながら、暮らしも支える。そんな思いを感じますか? 

波多野:それはとても感じますね。ゾランヴァリ社の支援の一環として、遊牧民のお父さんとお母さん が、専属のドライバーとして、近所の織り子さんたちが仕上げたギャッベをシラーズの工場に運んだり、 羊飼いを担ったりと、ギャッベを通して仕事が増えているようです。また、互助会のような仕組みがあり、民族ごとの長がいて、みんなで助け合う暮らしが整えられているようです 。
「 過ぎたるは還元せよ」 というイスラムの教えも、影響しているのでしょうね。

(それと、これは余談ですが、今でも一定数の遊牧 民が暮らすザクロスの大地は、大半が国有地であり、遊牧民のためにイランが開放したようです。5 〜 10 年前までは、戸籍が判明しない遊牧民が多く、 国が遊牧をやめてくれと言って、多くの人が定住するようになりました。その結果、ほぼすべての人たちの戸籍がはっきりしてきて、先述のように、今では多くの人たちが遊牧民生活に復帰・継続を果たしているようです)

善五郎:前回のインタビューでもお話されていたように、「関わる人すべてに無理がないギャッベ」は、波多野さんにとっても、誇りをもって勧められる理由なんですね。

つづく

関連記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

善光寺界隈

守ってあげたい。セイヨウタンポポ。

道ばたの、側溝のスリットから顔を出したセイヨウタンポポ。 庭...

記事を読む

「森の中にまちがある。一歩」そのまたはじまりのはじまり

「森の中にまちがある。一歩」 ある日あるところ、 ...

記事を読む

一枚板の天板 壁のシミが顔に見える?

松葉屋家具 店主の善五郎です。   子どもの頃、 ...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑