「ゾランヴァリ・ギャッベの買付け日記」イランから松葉屋に届くまで #01

「宝石の原石を掘り起こすように選んだギャッベ」

「松葉屋のギャッベって、ほかのとぜんぜん違う」。

そんな言葉をいただきます。その理由のひとつには、

『僕たちのギャッベの選び方』にあると自負しています。

松葉屋らしい絵画のような風景を感じさせる一枚。
絵本のような物語を感じさせる一枚。
僕たちは、イラン・ゾランヴァリ社の倉庫に眠る
2万枚以上の中から選ばれたギャッベを
「宝石の原石を掘り起こすように」 選びぬき、
名前をつけて紹介してきました。

そんな『僕たちのギャッベ選び』を下支えしてくれているのが、
選定人・波多野さんです。

なかなかイランへ行けない僕たちに代わって、ギャッベ選びをしてくれて、

「これは、松葉屋のあの方がとっても気に入りそうだなあ」なんて、

松葉屋のことを理解してくれている波多野さんは、僕たちが信頼する選定人です。
ここでは、そんな波多野さんに、イランでギャッベを選ぶときのことなどをお訊きしたインタビューをご紹介していきます。

 


 


ギャッベは感性を育ててくれるもの
「子や孫の代まで使える品質かどうか」
これがギャッベを選定する基準


 

善五郎:前回の『ギャッベ 108の暮らし』は「カイガラムシ(コチニール)」で染める鮮やかなギャッベ や青や緑の美しい原毛のギャッベなど、豊富な出会いがありましたが、今回の選定はいかがでしたか?

波多野:昔ながらのギャッベがもつ「素朴さ・優しさ」を感じさせるものが多くありましたね。中でも、十分な毛足の長さをもち、豊かな手ざわりのギャッベ がたくさんありました。色合いは、染料の進化が更新され、草木の種類や彩りのバリエーションが、ますます多様になっています。インドの蓼(タデ) やナスの皮、 高価ですが、ホソバタイセイ* や鉱物インディゴなど も併用されるようになっていますね。

* ホソバタイセイ:アブラナ科タイセイ属の二年草。インディゴ染料の原料として南ヨーロッパなどで栽培されている


善五郎:毎回2万枚のギャッベから選定していく。 これは、そう簡単なことではないですよね。

波多野:そうですね(笑)。だけど、前回のインタビューでもお答えしたように、日本へ届けて、いろんなご家族の心地よい暮らしのひとつになることが、僕も嬉しいんです。最近は、あるお客様のからの言葉を受けて、さらにギャッベ選びに思いを強めるようになりました。

私自身も、ギャッベを使うようになってから、家具はもちろん、 洋服や日用品でも、「本当にいいものかどうか」、「永く使えるかどうか」、「最終的に無駄にならないかどうか」を、きちんと意識するようになりました。イランの話を聞いてから、自分も子どもも、模様や絵やアート、色彩やデザインが好きになり、海外の文化や歴史にも興味を抱くようになりました。色々な話を聞きながらギャッベを選んだからこそだと思います」と。

大げさかもしれませんが、ギャッベがあることで、 暮らしへのまなざしが変わった人は、少なくないと思うんです。やはり、すべてのギャッベがすばらしいものであり、「 感性を育ててくれるもの」とし て 、魅力を感じます。その上できちんとクリアにしたいのが 「 子や孫の代まで使える品質かどうか」。 これが今でも、僕のギャッベを選定する基準ですね。


善五郎:とってもうれしい話だなあ。イランの人たちも、日本へギャッベを届けることを喜んでくれているのでしょうか?

波多野:遊牧民の織り子さんたちは、日本人が大切にギャッベを使ってくれていることを、よく知っています。自分たちと同じように、床に座る文化があることも理解していますから 。それからドラマ「 おしん」や、アニメ「キャプテン翼」は国民放映されていて、日本をエンタメ大国としても認めているようですよ。日本は優しくて、素朴なギャッベが好きであることをイメージして、織ってくれている人もいるかもしれませんね。

善五郎:世界を俯瞰してみても、日本に対するギャッベの輸出は、比較的多いですか?

波多野:今や日本が一番のギャッベユーザーであることを認識してくれていますね 。経済制裁でアメリカに輸出できないので、とくに日本への依存度が高いのも現実です。ヨーロッパ ( とくにドイツ) へ の輸出はここ数年で変化はあまりないようです。

つづく

関連記事

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑