アートギャッベ【染料のお話】

 

こんにちは! スタッフの松澤です。

いよいよ今週末からアートギャッベの展示会がはじまります。

私も楽しみでなりません。

そこで今日は、きれいなきれいな染料・染色のお話をしたいと思います。

 

昔はそれぞれの遊牧テントで染めていましたが、需要が増え、安定した品質の

ギャッベを供給するために、今では染め工場でまとめて染めています。

各家庭からあつめられた毛糸は、工場で選別され、等級ごとに保管されます。

そして、48時間、大釜で染めます。

何世代も受け継がれてきた職人の経験と勘が、

ギャッベの宝石のように美しい、透明感ある色の決め手です。

 

ギャッベは基本色「」が5色。

 

力強く明朗なトルコ石グリーンは、インディゴでしっかりブルーに染めた羊毛を、近くのザクロス山脈の灌木(ジャシール)からとれる黄色の染料で、たっぷり一昼夜染めたもの。

 

深く鮮やかな赤は、茜といろんな染料をミックスして2度染めしたもの。

 

チョコレートブラウンはクルミの外皮から。

 

金色のような黄色はザクロの皮やカレーの香辛料で知られるターメリックから。

 

青色は豆科のインド藍より摂取されるインディゴで。

 

草木染めは色褪せるのではなく、熟成・表情豊かに変化します。

羊の毛の個性で、色浅くなる糸、色を深めていく糸があり、

また光や時間を経ることで様々に変化し、いつしか馴染んでいきます。

色落ちすることもほとんどありません。

朝の光、日中の日差しや木漏れ日、西日のきらめき。

日にあたるギャッベの色は見事です。

様々な光の中で日々、愛でて楽しんでください。

いつしか、趣のあるアンティークの美しい布のようなじゅうたんに育ちます。

 

松葉屋ではこの「アートギャッベ」を現地イランに直接おもむいて、
松葉屋の眼で、松葉屋らしい「アートギャッベ」を一枚一枚選定しております。

 

一枚一枚に想い出があり、物語があります。

遠く1万2000キロ離れた、イランからのときめく出会いに、
松葉屋へぜひ、この機会にお出掛けくださいませ。

 

2014 春 アートギャッベ
大地と空、火と草色のじゅうたん展
4月26日(土)〜5月11日(日)期間中無休
10時〜21時

松葉屋家具店

2014/04/21 | アートギャッベ

関連記事

茜(あかね)色の松葉屋

こんにちは、スタッフの池田です。   11月18...

記事を読む

ギャッベを壁に飾る

こんにちは。 松葉屋家具店店主の善五郎です。 ただいま松葉屋店...

記事を読む

ギャッベと卓袱台(ちゃぶ台)

ギャッベと遊牧民と、卓袱台(ちゃぶ台)のある暮らし

こんにちは 松葉屋家具店主の滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

お店って舞台だよね。ギャッベの入れ替え。

松葉屋の「がらんどう」の2階 お店は生き物。 いつも循環して、...

記事を読む

インタビュー「ギャッベ 108の暮らし」長野市Kさん(2)

松葉屋のギャッベを大切に使い続けてくださっている長野市のKさん。 後...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑