三内丸山遺跡 約4200年前の栗の木

こんにちは、スタッフの池田です。

 

先日少し早い夏休みをいただき

青森へ。

念願の三内丸山遺跡へ行ってきました。

 

古墳や遺跡が好きなことはもちろん

三内丸山遺跡には
”縄文時代の栗の木が残っている”
ということを聞いてから

ずっと、いつかは行きたいと思っていたのでした。

 

栗の木は水に強くて丈夫で腐らない
という特徴はありますが
これだけ古いものが残っているところは他に例はなく

この三内丸山遺跡は湿地のように土壌に水分が多く
まるで泥で真空パックをされた状態になっていたから
残っていたということ。

他にも朽ちて無くなってしまうようなものが
たくさん出土され
縄文人の暮らしがより詳しく、歴史が変わるようなことが
三内丸山遺跡からたくさん解明されています。

 

一番大きな栗の木が出土したのは
大型掘立柱建物跡(おおがたほったてばしらたてものあと)
という6本の太く大きな柱を基礎とされた
やぐらの様な建物から。

出土された栗の柱の一部
三内丸山遺跡 栗
直径は約1m。
そんなに古い物だとは思えないくらいきれいです。

 

出土された穴

栗の柱が出土された、柱穴は3個ずつ2列に並んで全部で6個ありました。
深さ2mくらいある穴が等間隔にあけられた不思議な空間です。

 

大型掘立柱建物跡
三内丸山遺跡 栗
柱穴のそこの部分にかかっていた土圧の分析結果から
全体の大きさを推定して
柱穴と同じ4.2m間隔で穴を作って、三層の建物として復元されています。
屋根はあったのか、無かったのか、諸説あるようで
わからないことから復元はされていないそうです。

復元された建物に使われた栗の木も
ものすごく大きく太く
ロシアの栗の木を使われているということでした。

5500年〜4000年前の時代は
今よりも気温も高く
植物の生長も早かったということ。
だからこれだけの大きな建物を作れる木があったのでは。と。

栗の木は集落を囲むように植えられていたそうです。

栗の木の遺伝子を調べたところ
同じ遺伝子型だということが分かり、
この時代の人々が、自分で木を植え、食料として材木として
木を育てて使っていたことが分かったそうです。
これが分かるまでは、縄文時代では農耕はされていなかったと
思われていたそうですよ。

 

ひょっとしたら縄文時代の人よりももっと前の人が
見つけたのかもしれない栗の木を
今も私達が実を食べて木を使っていることが
少し不思議で、
美味しいものや丈夫なものは
残るし、残そうとして
きっと大事にするんだろうなと。

そうやって残ってきた栗の木を
ちゃんと使っていることを
縄文時代の人にも教えたくなりました。

 

栗の木が更に好きになった良い旅でした。

 

そうして松葉屋へ帰り
改めていろいろな栗の木を見ると
これまた親近感が沸いて
眺め、なでる日々です。

ぜひ大きな栗の一枚板に会いに来てください。

 

【今、開催しています】
広葉樹の一枚板テーブル展
8月27日(日)まで
10:00〜18:00
(お休み:9、17、22、23日)

2017/08/04 | 一枚板

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

松葉屋家具店 木材 材料 

家具製作のトレーサビリティー。乾燥が終わった木材がやってきました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、2年ほど前に製材...

記事を読む

松葉屋家具店 欅 ケヤキ 一枚板テーブル

欅の一枚板テーブルと家族の椅子

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、長野市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 栃 一枚板テーブル

栃の一枚板、暮らしに合わせた使い方

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、松本市のお客様へ...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑