「栃餅 (とちもち)」と 栃の斧跡(おのあと)の一枚板テーブル

先日松葉屋にご来店いただいたお客さま、
あれこれ、栃の一枚板の美しさのことなどお話ししたのですが
こんなメールをいただきました。

 

「これが、トチ餅をつくるトチの実がなる、
トチノキなんですね(笑)

たまたまお正月に主人の田舎に行ったとき、
トチの実を使ったおせんべいがあり、職場への土産にしました。

トチって一体どんな木って、ずっと疑問だったのです。
疑問が晴れてスッキリです。
初めて意識して見ました。
マロニエが近い種だということも貴重な情報でした。

ありがとうございました。」

お正月に、
栃の実で作ったおせんべいを食べられたんですね。
お土産を職場の方は食されて、どんな感想を持たれたでしょう。

少し古いですが
栃(とち)の実に関連して
こんな新聞記事がありました。

栃餅

縄文のむかしから、栃の実はでんぷん分が多く
貴重な食糧として、利用されてきました。

灰汁(アク)がつよいので、煮詰めたあと
水洗いを繰り返し食用にします。

そういっている僕は、世代や地域的に
食べた覚えがありません。

こどもたちは「栃餅-とちもち」を食べてみて
どういう感想を持ったのでしょうか。

おいしかったみたいだね。

 
さーて、下の写真の 栃の一枚板です。

斧跡栃一枚板

真ん中に、節のような跡があるのが わかりますか?
これは、斧(おの)の跡。

 
貴重な 食糧の栃の実を 採る木は
伐採せず、斧で印をつけるのだそうです。

その斧跡を、永い年月が
埋めるように盛り上がって
この一枚板のような 独特な杢をつくりだす。

人間の、長い長い自然とのかかわりと知恵が
不思議な思いを 抱かせます。

ちなみに、栃とはこんな樹。

トチノキ 【栃・橡】
トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹。散孔材。
学名 : Aesculus carnea

産地
北海道、本州、四国、九州に自生する。
特に、東北地方や北海道南部に多い。
5月頃に白色の花が咲き、秋には実を付け熟すと殻が3つに裂け、
光沢のある赤褐色の実が現れる。
実はすりつぶしてトチ餅などをつくる。
類似種の マロニエ は、パリの街路樹として有名

木質はやや軽軟で、木理やや交錯。
木肌は緻密で、表面仕上がりは良好。
加工性はよいが、乾燥が不十分だと狂いやすい。

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑