トヨタ100系ハイエースを一生乗る?

こんにちは。
松葉屋100年家具店主、善五郎です。

松葉屋が作る広葉樹の一枚板テーブル。
樹齢が百数十年以上、二百年に及ぼうかという
希少な大径木です。

百年育った木を、百年使うことで
ようやく循環のもとが取れる勘定です。

「暮らしの道具を永く永く使うこと。」

一方で家の中を見渡してみましょう。

液晶テレビの寿命は約7~10年ぐらいと考えられています。
冷蔵庫の寿命は約10年といいます。
洗濯機は使い方にもよると思いますが、6~8年程度のようです。

住宅は?
一戸建て(木造専用住宅、専用住宅は個人住宅のこと)が58年
(早稲田大学 小松教授「建物の平均寿命推計」の最新調査 2011年)

マンション(RC=鉄筋コンクリート造の共同住宅)は諸説ありますが
117年(飯塚裕/1979「建築の維持管理」鹿島出版会)
68年(小松幸夫/2013「建物の平均寿命実態調査」)
120~150年(大蔵省主税局/1951「固定資産の耐用年数の算定方式」)
となっています。

以上、「住宅の寿命、本当はどのくらいか」 を参考にさせていただきました。
http://www.homes.co.jp/cont/press/opinion/opinion_00019/

これは意外と長いと感じる数字ですね。
実際は周りを見ると、もう少し早く改築や建て替えをしている気がします。

それでもアメリカ103年、イギリス141年と言われていますから
長いとは決して言えないのかもしれません。

では自動車はどうでしょう?

車の平均寿命は
昭和51年には普通車が7.05年、小型車が6.79年だったものが
平成26年には普通車が12.97年、小型車が12.44年と倍近くまで
伸びているということです。(自動車検査登録情報協会より)

とは言え、100万以上の買い物で10年程度というのは残念な気がします。

車は、一生の中で住宅の次くらいに高い買い物ですよね。
乗り換えや、維持費を考えるとかなりの金額になりそうです。

一般世帯生涯車に費やす金額を調べてみると
https://allabout.co.jp/gm/gc/12701/
4000万円という試算が!
更に夫婦や家族で複数台持つことを考えると、恐ろしい金額ですね。

善五郎は考えました。

「車を一生乗り続けることは、できるのか、できないのか?」
「そういう人はいないのか?」
という疑問がモクモクと。

マニアやエンスージアストの特殊な世界でなく
普通の車の世界で。

僕(松葉屋家具店)の愛車、トヨタ100系ハイエースを
紹介します。
意地を張るわけではなく、僕はこのちょっと古いハイエースを愛しています。

年式は平成13年。
走行距離は 297,422km(2017.5月11日現在)

ちなみに調べてみると
100系ハイエースを80万キロ以上走行しているのが
特殊ではないとか。すごいね。
ウチのハイエース、まだヒヨッコだー!

この車を一生乗ることはできるだろうか?
一生乗るためにはどうしたらいいだろうか?

暑い日も、豪雪の日も付き合ってくれました。

ただ、外装がザビはじめて、わき腹を擦ったせいも有り、
かなり傷んできていました。
100系ハイエース、雨水等のハケは良くないため
サビて外装に穴が開くこともあるそうなんです。

実際付き合いある木工作家さんのハイエースは
わき腹に大きなダメージを、というか穴が開いてしまい
乗り換えを強いられています。

またウチのハイエースは、下回りがかなりサビて、
前回の車検では運転席下の車体番号が腐り落ち
かなりの大修理をしたばかりでした。

運転席下の鉄板(前輪のフェンダーに当たる部分)が欠落、
タイヤや地面が見えていたのにはびっくりしました。

一生乗るのはいいけれど、手間とお金がかかるのは仕方ないな。

そして今回、
思いっきて全塗装を施すことに決めました。

まず全塗装前のオリジナル塗装。

きゃーカッコいいー。
ただ前記のようにかなりわき腹を中心に凹み、擦りあとから
サビが回っていました。
これ以上放置すると、穴が開きそうな状態です。

実は外装のパネルの中がかなりひどい状態になっていたのを
全塗装の作業途中に発覚するのですが(悲)
それは後で。

どうせならと、色を変えることに決心したものの
色をなににするか、かなり悩みました。
家族同然のハイエース、もちろん妻や子供たちと相談して。

色を替えることに対して
特に中2の息子に大反対されたのには困りました。

息子は13歳、ほとんど生まれたときからの付き合いのハイエース。
色が変わることが耐えられないようなのです。

説得に説得を重ね、言いふくめ、なだめ、すかし、
ときにモノで釣り、なんとか納得させました。

スッタモンダで決まった車体色は?

長くなりました。つづきますよー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本来
ここにコストだけではなく、

製造や維持、廃棄までのエネルギー消費、

リサイクルの度合い

排ガスなど含めた環境に対する負荷

車なら事故率、衝突の安全性など

加算しなくてはいけませんが
それはおいおい調べてお伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

思い出の桜 いつまでもそばに

こんにちは。店主滝澤善五郎です。 今、松葉屋では、お客さまからご...

記事を読む

松葉屋家具店 木漏れ日 葉がゆらぐ

木漏れ日 葉がゆらぐ

滝澤善五郎です。 松葉屋定休日に新潟にいきました。 仕事ではあ...

記事を読む

土蔵の梁(ハリ)

善五郎がうまれそだった場所  松葉屋 築百数十年の土蔵

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松葉...

記事を読む

カラクリモノ  箱で考える

善五郎がつくってきたもの

こんばんは! 家具店主、松葉屋善五郎です。 ちょっといつもと違...

記事を読む

新着記事

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

えごま油で椅子の塗装1

今日も椅子を仕上げます。

こんにちはスタッフの須坂です。 朝晩心地よい風になってきました。...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑