思い出の桜 いつまでもそばに

こんにちは。店主滝澤善五郎です。

今、松葉屋では、お客さまからご相談を頂き、ひとつの座卓をつくっています。
 
座卓になるのは、一本の桜の木。

この木は、お客さまの庭で、家族のように数十年、いっしょに過ごしてきました。お客様にとって、特別な思いのある木です。


「この桜は、私の娘が小学校へ入学する頃に植えてもらった記念樹です。実は、この度、どうしても切らなくてはいけなくなりました。なにかひとつのかたちにして、残しておけるでしょうか」
 
そんな言葉を頂き、伐採から、製材・乾燥、家具づくりまでをお手伝いさせていただくことになりました。
 

2月。清々しい青空のもと、伐採の日を迎えました。
一本のロープを命綱に、職人さんが上方から切っていきます。

伐採がはじまると、なんだか、この場所からお引越しすることが寂しく感じられてきましたが、みんなで最後まで伐採を見届けました。

かたちを変え、これからも家族のそばにあることを思いながら。

 そして、4月。伐採された木は製材の工程に入りました。
 
私と大工さんも一緒に、家具になる様子を思い浮かべながら、もっと言えば、家具が暮らしの中心にあることを思い浮かべながら、製材に立ち会ってきました。


まんべんなく、きちんと使える部分を残せるよう、職人さんたちは切り口を予測し、入念に刃の位置を決めていきました。それでも、枝分かれの部分や節には、傷んでいる箇所もあり、家具材として引き継いでいける部分は全体の半分ほど、というのが正直なところです。
 
 
もしかしたら、伐採せずに、残しておくことも
ひとつのかたちなのかもしれません。
 
しかし、時間の経過でこれからさらに朽ちていってしまうことを考えると、家族の暮らしに寄り添うかたちにすることで、できる限り永く、この木に対する思いも引き継いでいくことができれば。
 
かたちを変え、きちんと残していく。
そんな、ひとつの木の行く末を見届けました。
現在は、乾燥の工程に入っています。
乾燥はこれから約1年の時間をかけます。

乾燥から戻ってくるのは、今年の冬頃。そして、次の春には、工房に運ばれ、家具製作の工程に入ります。

また引き続き、経過をお知らせしていきますね。

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

トヨタ100系ハイエースを一生乗る?

こんにちは。 松葉屋100年家具店主、善五郎です。 松葉屋が作...

記事を読む

松葉屋家具店 木漏れ日 葉がゆらぐ

木漏れ日 葉がゆらぐ

滝澤善五郎です。 松葉屋定休日に新潟にいきました。 仕事ではあ...

記事を読む

土蔵の梁(ハリ)

善五郎がうまれそだった場所  松葉屋 築百数十年の土蔵

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松葉...

記事を読む

カラクリモノ  箱で考える

善五郎がつくってきたもの

こんばんは! 家具店主、松葉屋善五郎です。 ちょっといつもと違...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑