一枚板の森と音楽

こんにちは、スタッフの須坂です。

 

善五郎さんは、
『一枚板に聴かせるんだ』と
毎日、夜中じゅう気持ちの良い音楽を流して帰ります。

昨日はきっと
栄養満点な夜だったのではないでしょうか。
 

サカキマンゴー親指だけじゃないツアー
”サカキマンゴー親指だけじゃないツアー”in松葉屋

出演はもちろん
九州出身、親指ピアノ奏者サカキマンゴーさん、
サカキマンゴーさん

親指だけじゃないツアーなだけあって
九州の弦楽器『ゴッタン』
謎の弓楽器『ンドノ?』と、
次々に楽器を演奏、
さらに九州弁トークも
かなり面白かったです。

そして
ンゴマ奏者、大西匡哉さん。
大西匡哉さん
‥‥んごま?

先ほどの『ンドノ』もそうですが、
打ち間違いではありません、

間違いなく、

『ン ゴ マ』
ンゴマ
ケニア伝統の太鼓なのだとか。

大西さんもンゴマの他に
ギター、笛、
鳥や動物の鳴き声などなど

音を作るバリエーションが豊富で、
音楽というモノの”感覚”が変わる様な
(ン、から始まる言葉を初めて、それも二つも知った)
ソウルフルで楽しいライブでした。
サカキマンゴー松葉屋ライブ

帰り際、
お二人の大きく堅い手で握手をしていただきました。

マンゴーさん大西さん
楽しい夜を本当にありがとうございました!

世界を股にかけ活躍中のお二人、
今後の活動も要チェックいたします!

そして!
【夏の広葉樹一枚板テーブル展 開催します!】

「一生使える家具しかつくらない。」
「
そこにこだわるから、松葉屋家具店だと思う。」

この夏、松葉屋にまた美しい杢の一枚板が集まります。

・長く、長く使えるものであること。

・使うひとの身体と心に
 無理のないものであること。

日本の山で長い時間かけて育った、
大径の広葉樹の一枚板で製作しました。

一枚一枚個性の違う木を眺めていると、
ひとりの人間の性格を見ているようでとても楽しい。
ぜひ個性豊かな一枚と出会いに、松葉屋へお越しください。

日本の山で育った樹齢200年の広葉樹一枚板テーブル展
期間:8月1日(土)ー23日(日)

こちらも要チェックをお願いします!

2015/07/25 | イベント

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

2018年のホームスパン

こんにちは、スタッフの池田です。   毎年恒例と...

記事を読む

森へいくツアー11月

森へいくツアーVol.08 開催しました! 2日目

こんにちは、スタッフの池田です。   森へいくツアー...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

冬のくらしとホームスパン展 生成り・白・グレー

こんにちは、スタッフの池田です。   12月2日...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら