松葉屋家具店の制服

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの斎藤です!
寒さも本番!みんさまはいかがお過ごしでしょうか?

この冬、松葉屋ではついに制服が登場しました!
先日、多治見の「ギャルリ百草」さんへ行った際に購入したサロンです。

サロンとは、アジアの国々で民族衣装として用いられる筒状の腰衣のことです。
どんなトップスや靴下・履物と合わせるかでTPOに合わせて着分けることができ、スパッツやズボンなどとの相性も良いです。
また、子どもから大人まで年齢・性別を問わず使えるところも魅力的です。

そんな百草さんの安藤明子さんが一点一点作られている、素敵な巻きスカート。男性のぼくも毎日着用しています。
紐でサロンを腰に縛り付けるので、背筋が伸びて気が引き締まります。
着物にも似た感覚です。

松葉屋 制服1

毎日着て、ぼろぼろになったら繕って、直して、末永く使っていきたいです。

まだまだ寒さが続く長野も、これで少しは凌げるでしょうか?

制服を着用して、今までよりさらに気が引き締まったスタッフに会いに、松葉屋家具店へ是非いらしてください。
スタッフ一同、お待ちしております。

松葉屋 制服2

2015/01/31 | 未分類

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑