松葉屋家具店が考える一生使える学習机とは

smat7081

世代を超えて100年以上使える家具を「一生もの」だと僕は考えます。

もう「おさがり」なんて言葉は死語になっているかもしれませんが、僕らの世代は、おじさんのスキー板をおさがりでもらったりするのが当たり前でした。

そのおさがりが、いつの時代になっても陳腐化されず、ずっと使い続けたいと思える学習机を作り出したかったんです。

学習机に使える樹種は、クルミ、クリ、ナラ、カエデ、ウォルナット、ヤマザクラ、ホワイトアッシュ、ブナ材の8種類。安全性や強度、美しさなど、家具材として適した無垢の樹齢100年を超える広葉樹です。

仕上げには、食用に使われる安全な天然クルミ油を使用しています。学習机のデザインはすべて同じ。学習机に過剰な機能を持たせるのはおかしいと思いませんか。板があって脚があれば何の不足もないし、いつの時代でも「なんかいいよね」と思ってもらえるような机を考えた結果がこの形なんです。引き出しもひとつしかありません。しかも、6センチと薄い。ここには本当に必要な筆記用具や宿題だけを入れておくんです。そうすれば、普段からモノを選別して置き場所を考える訓練にもなりますね。

2013/06/18 | 学習机

関連記事

松葉屋家具店 木材 材料 

家具製作のトレーサビリティー。乾燥が終わった木材がやってきました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、2年ほど前に製材...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑