一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの?

そのまえに一般的な学習机を定義してみましょう。

 

学習机とは

学童が家庭で使う勉強机。

学校にはいろいろな高さの机、椅子(いす)がそろえられ、

毎年交換されるが、家庭では一つの机を長年用いるので、

成長する体位にあわせて高さを調節できる構造が特徴である。

毎年150万台程度の需要があり、家具産業の一分野を占めている。

日本大百科全書(ニッポニカ)「学習机」より

 

学習机の歴史

まずは日本の机の起源。

歴史的にみると、食卓としての台(テ ーブル)が古く、読み書きの台としては、

平安時代の文机がはじまりといわれています。 

その後、鎌倉から室町時代の書院の発達にともない文机、書机が発達しました。 

 

今でいう学習机の歴史は意外に新しく、実際には見たことはありませんが

「リンゴ箱で勉強する」ことが戦後あたりまえだったようです。

木製の平机は昭和30年代に普及をはじめています。

 

昭和29年生まれの姉が、昭和三十五年小学校に入学する時買ってもらった机は、

木製突き板の天板で脇に引き出しが三杯 (三段)付いていました。

脚が曲線的な スチール製で、その頃の小学生としては贅沢な机だったと

思います。家具屋の娘ですからね。

 

昭和33年生まれで40年に小学校入学した僕が買ってもらった机は、

今の事務スチール机そのものの形状でした。

その時代では、非常に珍しく友達に自慢できる誇らしかったのを覚えています。

 

今考えると私の机は非常に無機質で、むしろ姉の机のほうが魅力的でした。

残念ながら家の改築とともに二台とも処分されてしまいました。

 

                           つづきます

 

松葉屋が考える一生使える「木の学習机」展示はじまりました。

 

北信州で産出された広葉樹、

山桜・胡桃・栗・黄蘗(きはだ)・クヌギを伐採から製材、乾燥に2年かけ

そこから入念に制作しました。

もちろんベニア、集成材、化学塗料は一切使用していません。

 

 

 

関連記事

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

松葉屋のちいさな森の報告書「アメリカヤマゴボウ」

松葉屋のちいさな森。 毎朝掃除のために通るたび、昨日と違う顔を見せて...

記事を読む

新着記事

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

松葉屋家具店 ちゃぶ台 卓袱台

松葉屋のちゃぶ台(卓袱台)についてお話しします。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 本日は、松葉屋で作...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑