「森の中にまちがある。一歩」そのまたはじまりのはじまり

「森の中にまちがある。一歩」

ある日あるところ、

善光寺界隈を森にして
お店も、人々の暮らしも
ぜんぶ森の中にあったらいいなと思った人がいました。

「木を植えて、ここを森にしちゃえっ」 て考えました。

日々の暮らしや、仕事の場所が森の中って「いい!」と
共感する人が
ひとり増え、ふたり増え
10人になり、

いつしかここの住みびとは、ちょっとした空き地があれば
1本の木を植える、また1本植える、そしてまた1本植える。
それが当たり前になりました。

時間はすぎ、100年後、善光寺界隈は大きな大きな
こんもりとした鎮守の森となって
その森の中に
善光寺やお店が、人々の暮らしや仕事場が包まれて
そしてたくさんの人々が
その森に引き込まれるようにやってくるように
なりましたとさ。

なんてね。

 

100年後の森
どうなるか見当もつかないけれど
100年はだいたい36500日。
今日一日は 1/36500。
わずかだけど日々変化していく。
わずかな差異を見ていきたい。

33本の広葉樹。まだこんなもの。

 

関連記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑