「森の中にまちがある。一歩」そのまたはじまりのはじまり

「森の中にまちがある。一歩」

ある日あるところ、

善光寺界隈を森にして
お店も、人々の暮らしも
ぜんぶ森の中にあったらいいなと思った人がいました。

「木を植えて、ここを森にしちゃえっ」 て考えました。

日々の暮らしや、仕事の場所が森の中って「いい!」と
共感する人が
ひとり増え、ふたり増え
10人になり、

いつしかここの住みびとは、ちょっとした空き地があれば
1本の木を植える、また1本植える、そしてまた1本植える。
それが当たり前になりました。

時間はすぎ、100年後、善光寺界隈は大きな大きな
こんもりとした鎮守の森となって
その森の中に
善光寺やお店が、人々の暮らしや仕事場が包まれて
そしてたくさんの人々が
その森に引き込まれるようにやってくるように
なりましたとさ。

なんてね。

 

100年後の森
どうなるか見当もつかないけれど
100年はだいたい36500日。
今日一日は 1/36500。
わずかだけど日々変化していく。
わずかな差異を見ていきたい。

33本の広葉樹。まだこんなもの。

 

関連記事

新着記事

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

善光寺界隈

守ってあげたい。セイヨウタンポポ。

道ばたの、側溝のスリットから顔を出したセイヨウタンポポ。 庭...

記事を読む

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

松葉屋に安心してご来店いただくためのお願いです。(4/9更新)

松葉屋家具店 滝澤善五郎です。 内容を更新いたしました。再度お読みく...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑