一枚板のテーブルができるまで01「原木を選ぶ」

こんばんは。100年家具店主、善五郎です。

 

現在、松葉屋では

「春の一枚板テーブル展」を開催中です。

日本の山で育った樹齢200年の広葉樹からつくった一枚のテーブル。

同じものは二つとなく、自然の中で育まれた豊かな表情をもつ木々。

しなやかに、力強く、凛とした佇まいが物語るものは、時代が流れても、暮らしのかたちが変わっても、私たちに何か大切なことを教えてくれるのかもしれません。

 

そんな一枚板のテーブルができるまで。

その過程をみなさんにお伝えしたいと思います。

 

「一枚板のテーブルができるまで」

01 原木を選ぶ

02製材と乾燥。家具をつくること、届けること

03直し、繕い、永く使い続けてもらうために

「ものの行く末を見通したい」

その思いでまずは、自分たちの目で木を選ぶことから松葉屋の家具づくりは始まります。私たちが買い付けをする銘木市は、日本の山で育った広葉樹が並ぶ日本屈指の場所です。

ここに運ばれてくる木々は、家具をつくるために過剰に搾取されたものではなく、森が育つ過程で、適度に伐採されてきたもの。

 

そんな大木の中から、一枚板のテーブルはつくられていきます。

その文脈を受けて、私たちが大切にしたいのは

 

・自然に還るものづくりをすること

 

日本は、森の国です。

深い山を背景に、いにしえより森の民は木を切り、

暮らしの道具をつくり、そして森を育ててきました。

時代は流れ、どんなものにも、人の科学が通用するようになった今、

私たちのものづくりのかたちは、極力、不自然でない姿を目指したいと思うのです。

森へいくツアー下見2

ものごとには表と裏があり、どちらが正しいとも言い切れないことはたくさんあります。ただ、極力は、自分の目の届く範囲で、自分の五感を頼りに、無理のないものづくりの循環となるように、豊かな森が育つようなものづくりの在り方を模索していきたいと思うのです。

 

日本の広葉樹を、自然に使う。

 

これが現時点で、僕たちが守るべき最低限のものづくりの在り方ではないだろうか、と自問自答しています。

 

さらに今後は、身近な森で採れた木々を使ったものづくりを目指していきたい。

 

これから先、まだまだ何十年もの時間がかかることになるかもしれませんが、少しずつ、少しずつ自分にできることを常に疑って、精査して、正直に、森に敬意を払っていきたいと思います。

 

一枚一枚の広葉樹のテーブルが物語る背景を

感じてもらえるような「一枚板のテーブル展」になることを願って。

 

ぜひ一度、お立ち寄り頂き、手に触れてみてくださいね。

お待ちしております。


日本の山で育った樹齢200年の広葉樹

「一枚板のテーブル展」

2018年2月24日〜3月18日 .


2016夏 広葉樹一枚板テーブル展廊下

#木の鼓動 #木の詩
#一枚板 #松葉屋 #松葉屋家具店
#一枚板テーブル #天然木
#手仕事 #銘木 #広葉樹

2018/03/10 | 一枚板

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで02「製材と乾燥。家具をつくること、届けること」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

エッセイ「木の鼓動」

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

新着記事

松葉屋の鹿革クッション

松葉屋の鹿革クッション

こんにちはスタッフの須坂です。 本日、オリジナルソファ用の 鹿...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

葉屋の新企画 ソファ 仮組

新しい家具の企画。

こんにちはスタッフの須坂です。 松葉屋では新しくソファの企画をし...

記事を読む

アートギャッベ 松葉屋家具店

アートギャッベ「リビングがとても華やかになりました」 東京都・O様

こんにちは、スタッフの池田です。 先日のギャッベ展でお選びいただ...

記事を読む

ギャッベを選んだ妻・よしこの話

こんにちは。松葉屋善五郎です。 松葉屋で、ゾランヴァリ社のアートギャ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑