オーダー家具 スノコのベッド の スノコとは?

100年家具店主、松葉屋善五郎です。
10月4日。信州はいきなり寒くなった一日でした。

11月の上旬くらい?
(実は、変温動物みたいに、とにかく寒いのが苦手な僕)。

 

ところで(いきなりですが)

「スノコ」と言われて、何を想像しますか?

そう、銭湯の脱衣所にある
あの「スノコ」です。

ちなみに、「スノコ」とは、「簀の子」と書きますね。
辞書を引いてみると、このような説明があります。

す‐の‐こ【×簀の子】

(1) 板や竹を、少しずつ間をあけて並べ、横板に打ちつけたもの。
水はけをよくするため、流しや風呂場などに敷いて用いる。

(2) 簀の子張りの床または縁。

(3)劇場の舞台の天井。簀の子状で、大道具や照明器具などをつり下げる。
関西ではぶどう棚。

(4)太い角材。平安時代では4寸(約12センチ)角のもの。

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

↓ まさしく、これです。↓

実は、今回
松葉屋では、
オーダーのスノコベッド用のスノコを製作・納品しました。

素材は、桐(きり)材。
仕上げは、最小限安心な植物性オイルで仕上げてあります。
経験上、カビが生えやすいので、
極力カビが生えにくい素材と仕上げを選びました。

そして……。こんなベッドに!

 

それから
緑のなかの、別荘地。
先日、すばらしい紅葉の美しい季節に
森の中の別荘へ、お届けに行ってきました。
テーブルと椅子、すのこのベッドを納品しました。
は、この場所で、子どもと家族の安らぎに。

緑のなかの、すのこのベッドは

しっかりした剛性感と、しなやかな寝心地が両立しました。

2017/10/04 | オーダー家具

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

木の卓上パソコン台 栓

家具のお届けをしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のK様へご注文の家具...

記事を読む

松葉屋家具店 リビングボード テレビ台

栗のリビングボード

こんにちは、スタッフの池田です。   松葉屋では...

記事を読む

松葉屋家具店 表札

オーダーの表札をつくりました。

こんにちは、スタッフの池田です。   「表札を作...

記事を読む

新着記事

ギャッベ「空の移ろい」

「空の移ろい」 空は一瞬も同じ時がないよね。  ...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

ギャッベ

ギャッベのある暮らし「このギャッベが宝物なんです」

こんにちは。 松葉屋家具店主、善五郎です。 ギャッベの数だけ 人...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑