『100年使う家具』 の記事一覧

一枚板

ご神木の黒柿を製材する。〜前編〜

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回は、先日製材させていただいた 黒柿についてお話しいたします。 ご依頼いただいたのは、長野市にあるお寺の住職さん。 お寺の境内に生えていた柿の木が倒れてしまい、 せっかくならその木を使って何か...
100年使う家具

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へテーブルと椅子をお届けいたしました。 お届けしたテーブルは、巾ハギという3〜5枚の板を巾方向に合わせた 天板のテーブルになります。 巾ハギについては、 以前、ブログにてキハ...
一枚板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届けした 黄檗(キハダ) の一枚板のテーブルを紹介いたします。 お客様は、昨年の夏頃に初めてご来店にいただき、 お家を建てられるのに合わせ、前々から興味のあった 一枚板のテーブ...
100年使う家具

松葉屋のちゃぶ台(卓袱台)についてお話しします。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 本日は、松葉屋で作っているちゃぶ台について 改めてご紹介いたします。 ちゃぶ台とは、四本脚の食事用座卓で、漢字で卓袱台と書きます。 一般的に正方形や円形をしており、脚が折り畳みができるものをいい...
100年使う家具

黄檗(キハダ)の巾ハギテーブルを選んでいただきました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年末、須坂市のお客様にお届けしたテーブルをご紹介いたします。 お客様は以前に、山桜の座卓をお届けしており、 今回はダイニングテーブルをお選びいただきまし...
一枚板

欅の一枚板テーブルと家族の椅子

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、長野市のお客様へ椅子をお届けいたしました。 今回のお客様は、以前に欅の 一枚板とクルミの椅子を3脚お届けしており、 製作の関係にて1脚遅れての納品になりました。 こちらはお使いいただいてい...
一枚板

栃の一枚板、暮らしに合わせた使い方

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、松本市のお客様へ栃の一枚板をお届けしました。 栃という木は、肌目が細かく、光沢感があり、肌触りがとても滑らか。 さらに、リップルマークという 美しい波状の杢目が見られるのも特徴の一つです。...
100年使う家具

伸長式(ドローリーフ)テーブルがある暮らし

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、長野県茅野市のお客様にテーブルと椅子をお届けしました。 お届けしたテーブルは、ドローリーフテーブルといい、 天板が伸長式になっていて、使う人数や用途に合わせて サイズを変えられるのが特徴。...