『100年使う家具』 の記事一覧

100年使う家具

伸長式(ドローリーフ)テーブルがある暮らし

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、長野県茅野市のお客様にテーブルと椅子をお届けしました。 お届けしたテーブルは、ドローリーフテーブルといい、 天板が伸長式になっていて、使う人数や用途に合わせて サイズを変えられるのが特徴。...
一枚板

栗の一枚板と楢のアームチェア

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、長野市のお客様へ椅子を2脚お届けしました。 今回お届けのお客様は、昨年の末にも栗の一枚板を納品させていただいており、 今年の春ごろ新たに椅子をご注文いただきました。 椅子は、楢の木でできた...
一枚板

楢の一枚板カウンターをお届けしました。

こんにちは。 松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、長野市に美容院をオープンされるお客様に 楢の一枚板をお届けしました。 この楢は、大町で送電線建設のために伐採。 公共事業などで伐られた木はそのまま切り倒され放置されることが 多いそう。 ...
一枚板

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日までの多くの人通りから変わって 今日は少し静かな門前通りとなりました。 今日はお客様のご予約も控えめな松葉屋でしたが、 引き続き、広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠 とか 展』を開催中...
一枚板

欅の大きな一枚板お届けしました。  滋賀県長浜市「手打ちそば 掌山さま」

こんにちは、スタッフの池田です。 2月のはじめ 滋賀県長浜市へ欅の大きな一枚板をお届けしました。 そば打ちの修行で戸隠へ来ていたYさんご夫婦が 松葉屋に寄ってくださったのがご縁で 欅の大きな一枚板との出会いは2017年の夏でした。 松葉屋の...
100年使う家具

オーダーの家具づくり 物の時間の話 

こんにちは、スタッフの池田です。 オーダーの家具屋さん と聞いて ピンと来る方はそんなに多くないと思います。 ほとんどのものが既製品で すでに何台か作られているものの中から 買うことの方が多い世の中です。 そんな中で ひとつひとつ、希望を聞...
松葉屋について

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。 ご存知ですか? 日本の森林率は2015年の段階で68.5%。 さらに 79%以上に及ぶ長野県の森林面積は、全国でも有数の森林県です。 森に覆われたイメージのフィンランドですら全土で73%と言い...
一枚板

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。 3月18日まで開催していました「春の一枚板テーブル展」。 会期は終えましたが、引き続き、一枚板のテーブルや、広葉樹からつくられた家具は、 松葉屋に並びますので、ぜひ長野にお立ち寄りの際には...