100年家具が生きている現場―長野県須坂東高等学校様―

須坂高等学校

松葉屋通信 2010.12.10より

「百年家具」を掲げる松葉屋としてうれしい依頼が昨年度末にありました。

「昭和2年のラベルと松葉屋のプレートが貼ってある家具がある。修理したいので、相談にのってもらえないか?」

お話を頂いたのは、長野市にあり、創立92年の歴史ある高校の教頭先生からでした。

緊張しながらも、まずは家具を見せてもらうことに。今から83年前に先々代の作った家具です。なんだか「ジーン」としてしまいました。「この家具は、絶対に松葉屋が修理する!」

百年家具と言っても何のメンテナンスもなく使い続けられるものではありません。些細な不具合が、修正できないばかりに処分される家具のなんと多いことか。そんな現代の中で、こうやって使い続けていただけたことや、更に、これからも使い続けることができるよう、修理依頼が頂けたことは、本当に嬉しい限りです。

加えて、デザインや仕事に対する責任を表したプレートの存在も松葉屋にとって大きな財産であることを再認識した仕事になりました。

関連記事

松葉屋通信Vol.35 インタビューの続きを少し

こんにちは、スタッフの池田です。 今回の松葉屋通信は ...

記事を読む

松葉屋通信32号

深緑の松葉屋通信

こんにちは、スタッフの須坂です。 本日も長野は良いお天気です。 ...

記事を読む

松葉屋家具店 戸隠 森

【松葉屋】戸隠の森の音

こんばんは、スタッフの池田です。   新しい松葉...

記事を読む

松葉屋家具店 松葉屋通信

【松葉屋通信】新しい松葉屋通信31号のこと

こんばんは、スタッフの池田です。   先週、新し...

記事を読む

松葉屋家具店 松葉屋通信30号

松葉屋通信30号 できあがりました!

こんにちは、スタッフの池田です。 日ごとに寒くなってきましたね。...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑