ギャッベ gabbehは季節に関係なしに使える絨毯(Q&A)

ギャッべ Gabbeh 108の暮らし 2012秋より

ギャッべってなんですか?

イラン南西部シーラーズに生活する遊牧民、カシュガイ族の織り子さんが、すべて天然素材と手作業で織り上げた、夏も冬も気持ちがいいじゅうたんをギャッべといいます。織り子さんの豊かな感性が、一枚に表現された、アート作品のようなじゅうたんです。

アートギャッベ

床暖房やホットカーペットでも使えますか?

ギャッべのウールは熱で硬くなったり、変質することはありません。
蓄熱性が高いために、あたたまるまで多少時間がかかりますが、一度あたたまると冷えにくい。冬の夜、暖房を切って寝ても、朝までほんのりあたたかです。

夏は暑くないですか?

夏こそ使いたい、さらりとした使い心地
真夏のじっとしていても汗の流れるような日に、たたみでもタオルケットでもなく、このゾランヴァリのじゅうたんの上でお昼寝をしてみてください。触れると肌がさらりとしている。それは、汗を吸って放出してくれる、上質なウールだからこそ。ゾランヴァリの毛糸は標高2,000~3,000mにいる高地の羊の毛を使います。

高地の羊は日中暑く、夜はぐっと冷え込む環境から身を守るため、優れた吸温性と保温性の機能をもつ上質な毛をまといます。ギャッぺを使う私達もその恩恵を受けることができるのです。1年通して心地よくお使い頂けます。

関連記事

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

松葉屋家具店 アートギャッベ ミニギャッベ ゾランヴァリ

色とりどりの、ちいさなギャッベを集めました

こんにちは、スタッフの池田です。   先月末から...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑