松葉屋が考える100年家具とは?

松葉屋が考える100年家具とは?

家具店や家具工房が100あれば、誰だって

「100年使えます」とか

「一生つき合っていけます」とか

「からだに優しい家具」ですって 言うに決まっています。

「実は、3年もすれば飽きます」とか

「本当は、10年すれば壊れます」とか

「ベニアで接着剤の臭いがプンプンします」とか、そんなこと誰も言いません。

 

じゃあ、全部が本当に100年使える

心から安心できる家具なのか、ってことです。

 

証拠がないから仕方ない

100年前に生きて家具を作っていた人が

誰もいないから。

 

100年後に生きている人は

今生まれたての赤ちゃんくらいだから

「ウソ」かもしれないけど、誰もわからないから。

 

私たち松葉屋の100年家具 その証拠をごらんください。

 

長野市近郊のある高校から相談いただきました。

「昭和2年のラベルと松葉屋のプレートが貼ってある家具がある。

修理したいので、相談にのってもらえないか。」

教頭先生からのお話でした。

 

昭和2年というと、1927年80年以上前のことです。

 

ちなみに1927年はこんな年でした。

1927年 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

1927年8月~10月に国内でおこったこと

8月

9月

10月

 

松葉屋のほぼ同時期、昭和初期はこんな感じでしたが…

松葉屋塗物店

 

今とあまり変わらない、いやカッコいい?

 

そんな想いを胸に現物と対面。

80年まえ、松葉屋が制作したという家具。

 

プレートには

「和洋家具漆器指物 松葉屋製作所 長野市大門町」とあります。

古いプレート

間違いありません。

松葉屋が80年前製作したものでした!

srventrylightpreview

すこし不思議な形の大テーブル

この意匠は当時の流行でしょうか?

srventrylightpreview-1

もうひとつ、こんなパーティションもありました。

srventrylightpreview-2

srventrylightpreview-3

よく壊れもせず、まして校舎の幾度の建て替えも経て

こうして残していただけた。

 

毎日生徒さんが磨いてくれていると聞き、

学校の伝統、そして先生方のご指導に頭が下がります。

 

製作する人

販売する人

使う人

 

その3者が揃ってこそ80年以上経ても

美しく磨き上げられた家具となるのです。

 

感謝の言葉もありません。

 

修理再生のご希望ですが、他所にやらせるわけにはいかないでしょう。

 

「お金ではありません。ぜひやらせて、いえやります!」と

お伝えして学校を後にしたのでした。

2013/02/05 | 未分類

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑