栗の一枚板 拭き漆仕上

栗の一枚板を 拭き漆仕上しました。

栗 一枚板 漆2

日頃、実を食べることで日本人になじみのある「栗」。

遺跡出土の遺物から
縄文時代の建築材や燃料材は栗が大半であること、
日本のクリは、縄文時代人の主食であったそうです。

驚くほど栗と日本人の付き合いは古いんですね。

また、青森県の三内丸山遺跡から出土したクリの実のDNA分析から、
縄文時代にはすでに本種が栽培されていたことが
わかっているそうですから、びっくりです。

しかし、テーブル材として、こんなに大径な材は稀有ではないでしょうか。

希少なうつくしい栗材を、拭き漆で仕上げました。

栗 一枚板 漆

2014/03/25 | 未分類

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑