【松葉屋】戸隠の森の音

こんばんは、スタッフの池田です。

 

新しい松葉屋通信にも掲載しましたが

1月のあたま、年明け早々に行った

戸隠の森での様子をお伝えします。

 

まず、なぜ森に行ったかというと

松葉屋では、今年の6月に「森へいくツアー」を計画しています。

その下見と、案内してくださるラポーザの荒井さんとの

打合せを兼ねて森へ出かけました。

 

戸隠という場所は

昔は海で、隆起してできた地形で

飯縄山と戸隠山に挟まれた森はお椀型をしていて

水が豊富な湿地があったり、標高がぐっと高くなったり

という起伏に富んだ地形のため

様々な植物が育ちます。

松葉屋家具店 戸隠 森

普通、湿地というと草が生い茂る「湿原」のようなものが多いのですが

戸隠は森林性の湿原。ということで

水を好む樹々が生息している場所があったり、

 

針葉樹と広葉樹が混ざった混合林の自然林なので

針葉樹に巣をつくり

広葉樹の実を餌とする

鳥が多くやってきます。

 

水が豊富な場所というのは、餌になるものも多いので

植物だけでなく、動物の種類も多様になるということ。

 

1月の森は、人の身長ほどの雪に覆われ

晴れてはいても、風が強く

遠くからだんだんと近づいて来る風の音に

普段生活している時には聞かない「音」を感じました。

 

「音」の中には

木が揺れ、きしむ音

雪が舞い上げられる音

バラバラとかすかに残った葉っぱや

枯れ枝が落ちる音

 

色々な音が混ざって

とても言い表せない、森の音がしました。

 

ツアーを行う6月の森は

夏に向けての光をいっぱいに浴びて

水もぐんぐん吸い上げて

新芽がすくすくと育つ森。

 

どんな音が聞けるのか楽しみです。

 

松葉屋家具店 戸隠 森

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

里山の炭焼き

木炭は、木材を蒸し焼きにし炭化させて作る炭のことをいいます。 日...

記事を読む

森と木と火の関係

国内の用材不足によって輸入材が用いられるようになった1960年頃から、...

記事を読む

一本そりと薪割り

山から切り出した木を運ぶ方法はいろいろあります。 長野県の北西に...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑