【松葉屋】戸隠の森の音

こんばんは、スタッフの池田です。

 

新しい松葉屋通信にも掲載しましたが

1月のあたま、年明け早々に行った

戸隠の森での様子をお伝えします。

 

まず、なぜ森に行ったかというと

松葉屋では、今年の6月に「森へいくツアー」を計画しています。

その下見と、案内してくださるラポーザの荒井さんとの

打合せを兼ねて森へ出かけました。

 

戸隠という場所は

昔は海で、隆起してできた地形で

飯縄山と戸隠山に挟まれた森はお椀型をしていて

水が豊富な湿地があったり、標高がぐっと高くなったり

という起伏に富んだ地形のため

様々な植物が育ちます。

松葉屋家具店 戸隠 森

普通、湿地というと草が生い茂る「湿原」のようなものが多いのですが

戸隠は森林性の湿原。ということで

水を好む樹々が生息している場所があったり、

 

針葉樹と広葉樹が混ざった混合林の自然林なので

針葉樹に巣をつくり

広葉樹の実を餌とする

鳥が多くやってきます。

 

水が豊富な場所というのは、餌になるものも多いので

植物だけでなく、動物の種類も多様になるということ。

 

1月の森は、人の身長ほどの雪に覆われ

晴れてはいても、風が強く

遠くからだんだんと近づいて来る風の音に

普段生活している時には聞かない「音」を感じました。

 

「音」の中には

木が揺れ、きしむ音

雪が舞い上げられる音

バラバラとかすかに残った葉っぱや

枯れ枝が落ちる音

 

色々な音が混ざって

とても言い表せない、森の音がしました。

 

ツアーを行う6月の森は

夏に向けての光をいっぱいに浴びて

水もぐんぐん吸い上げて

新芽がすくすくと育つ森。

 

どんな音が聞けるのか楽しみです。

 

松葉屋家具店 戸隠 森

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋通信Vol.35 インタビューの続きを少し

こんにちは、スタッフの池田です。 今回の松葉屋通信は ...

記事を読む

松葉屋通信32号

深緑の松葉屋通信

こんにちは、スタッフの須坂です。 本日も長野は良いお天気です。 ...

記事を読む

松葉屋家具店 松葉屋通信

【松葉屋通信】新しい松葉屋通信31号のこと

こんばんは、スタッフの池田です。   先週、新し...

記事を読む

松葉屋家具店 松葉屋通信30号

松葉屋通信30号 できあがりました!

こんにちは、スタッフの池田です。 日ごとに寒くなってきましたね。...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑