一枚板の天板 壁のシミが顔に見える?

松葉屋家具 店主の善五郎です。

 

子どもの頃、

天井の板の木目が顔に見えたり、壁のシミが顔に見えたりとか

そういう経験ありませんか?

僕は子どもの頃寝ていた部屋においてあった

洋服タンスの木目が人の顔に見えてしかたなかったです。

いつも居たから、怖いというより、もう仲間って感じでした。

 

それはどうやら霊感が強いわけでもノイローゼでもないらしいです。

それは「パレイドリア」といって、

雲の形が顔に見えたり、

しみの形が動物や虫に見えたり、

一度そう感じるとなかなかその知覚から逃れられない。という

心理学用語だそうです。

 

このページ参考にしてください。

笑ってしまう。なかなか面白いですよ。

https://matome.naver.jp/odai/2138544844879036001?&page=1

出典 i.eprci.net

よく見つけるね。

 

私たちの脳は、社会生活を営む必要から、

顔の区別がちゃんとつくように、

紡錘状回(ぼうすいじょうかい)など

顔認知にかかわる脳部位を特別に発達させています。

私たちにとって「顔」は特別なものなのです。

そしてこの脳部位は、5歳前に発達のピークが

あることが知られ、子どもにとって

親や周囲のものの顔を覚え、

その表情を読み取ることがいかに必須の能力であるかが

うかがわれます。

その分、壁のちょっとしたシミを顔と認知したり、

立ち込める煙に顔を見出したり、

窓への映り込みが顔に見えたりしがちなのです。

 

はーなるほどです。

 

僕たちも

松葉屋の店内で一枚板を並べて眺めていると、

惚れ惚れするほど美しい杢を見ることができますが

ある一部分を切り抜いてみてみると、ちょっと別のものに見えたりして、

クスっと笑えたりします。

松葉屋の店内はこんなです。

 

「まるで龍が空に駆け上っていくように見える」とおっしゃって

楢の一枚板テーブルを選ばれた方もいらっしゃいました。

 

顔が見えると言うと何かちょっと….ですから、

松葉屋の一枚板天板の中で

ほのぼのするような「パレイドリア」を見つけたので

2~3紹介します

 

お猿さん?

 

羊?牛?
それともウルトラセブンの〇〇星人?

 

ピカチュウの横顔?

枝分かれの栃

トクホのマーク

 

 

面白いなあ。

ほかにもたくさんありそう。ぜひ探しにお越しください。

日本の山で育った広葉樹
一枚板のテーブル展

2020年2月22日(土)〜3月8日(日)
10:00〜18:00
お休み:火曜・水曜
木曜日はご予約制となっております。ご連絡ください。
TEL:0120-55-2346

 

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

善光寺界隈

守ってあげたい。セイヨウタンポポ。

道ばたの、側溝のスリットから顔を出したセイヨウタンポポ。 庭...

記事を読む

「森の中にまちがある。一歩」そのまたはじまりのはじまり

「森の中にまちがある。一歩」 ある日あるところ、 ...

記事を読む

新着記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑